なぜ痩せないの?ウォーキングしても痩せない本当の理由

公開日: : 最終更新日:2014/04/11 美容・健康

暖かくなって薄着になってきました。

薄着になると、どーしても気になるのが冬の間に溜め込んだ脂肪です・・

私もそうですが、鏡を見てヤバイっと思う今日このごろです(汗)

そこで、暖かくなってきたので、ウォーキングをして少しでも脂肪燃焼をしようと試みたのですが・・・なかなか思うように痩せないのはなぜ?

私と同様に「毎日歩いているのになぜ痩せないの?」と感じていませんか?

そこで、ちょっと痩せるウォーキングについて調べてみました。

スポンサードリンク

いつもの歩き方で痩せないのには理由があります。逆に痩せない理由を意識すれば毎日の日常生活が軽い運動になります。

<筋肉をうまく使っていない>

・足を上げずに地面をするように歩く。

・膝を曲げてぺたぺたと歩く。

・背中を丸めて猫背で歩く。

これでは筋肉をきちんと使えていません。筋肉を正しく使っていないため、痩せるにはつながりにくいのです。長時間歩いた後にふくらはぎがむくんでいると感じる人は筋肉がきちんと使えていない証拠です。

筋肉を動かしていなければエネルギー消費は下がり、脂肪燃焼率も下がります。まずは正しい姿勢での歩き方をマスターしましょう。いつもよりも歩幅を大きくして、大きな筋肉を意識しながら歩くことを心がけてみてください。

<酸素をきちんと取り込めていない>

息が上がりすぎてしまうと、せっかくの有酸素運動の効果も半減しちゃいます。呼吸は吸うことよりも吐くことをしっかり意識するとよいですよ。鼻と口から吐き切ると自然と深く吸うことができます。息が上がるまで速く歩くと、エネルギー源が脂肪ではなく糖質がメインになってしまうので、脂肪がうまく使われなくなって逆効果になってしまいますので気を付けましょう。

軽く息が切れるくらいがGOOD。呼吸を歩く速度の基準とするといいでしょう。効率よく体内に酸素を取り込める程度の速度を心がけてみましょう。

<運動としての歩き方になっていない>

1日1万歩を目安に歩くといいと言われます。現代人は1日の運動量に対して飲食の摂取カロリーが多いので、1日平均300キロカロリーが消費されず体内に蓄積されてしまうからです。この300キロカロリーを消費するのに必要なのが1万歩なのです。

しかし、この1万歩は日常生活で歩くのとは別にカウントする必要があります。なおかつ、プラスマイナスゼロに戻すというだけの数値です。歩数はあくまでも目安ですので「疲れたなぁ・・・」と感じるまで歩いて、はじめて運動としての歩きになることを覚えておくとよいですよ。

忙しくても運動が苦手でも簡単に取り組めるのが「歩くこと」です。気軽にできて、身体の中でも大きな筋肉を動かすことができるウォーキング。正しくウォーキングをすればエネルギーをたくさん消費して脂肪を燃焼させることが可能です。

意識して歩くことを習慣づければ痩せることにもつながります。暖かくなってきましたし、今日からぜひ毎日ウォーキングをしてみてください。

私も頑張ります!

スポンサーリンク

関連記事

パニック障害ってどんな症状なの?

みなさんは「パニック障害」という病気をご存じでしょうか? たまに医療関係のテレビでも紹介されて

記事を読む

男子必見!おススメ日焼け止め!

みなさんは紫外線予防していますか? 今は一年中、紫外線対策をしている人も少なくないそうですね。

記事を読む

「美肌県」1位は何県? 京美人は・・・何位?

美肌は女性にとって永遠テーマです! 歳を重ねるほど気になるテーマですよね? そこで・・・

記事を読む

美容にもってこいのドリンクを飲んでキレイになろう!

普段、みなさんは仕事の休憩中やランチタイムにどんなドリンクを飲んでいますか? 暑い日が続くと、

記事を読む

チューイングシンドロームは万病の元!しっかり咀嚼して健康になろう!

生活習慣病の入り口とされるメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)はよく耳にしますよね。 で

記事を読む

女子必見!おブスな寝顔&いびきを封印する方法

気持ちのいい季節になりましたね。彼氏とお泊りデートを計画している人も少なくないのでは? そんな

記事を読む

「セカンドオピニオン」主治医に言えますか?

最近ではセカンドオピニオンという言葉が一般的になってきましたね。 医師から診断が下されたときや

記事を読む

花粉症とアトピー性皮膚炎の関係ってあるの?

春です!暖かくなってきましたね! 春といえば色とりどりのたくさんの花が咲いて、なんだか気分もワ

記事を読む

あなたの髪は大丈夫?ヘアーアイロンのNGな使い方

夏休みに叔母と姪っ子が我が家に遊びに来ました。 姪っ子はオシャレがしたい年頃なので、たくさん化

記事を読む

あなたは大丈夫?真夜中の爆音・・・歯ぎしりしていませんか?

みなさんは自分が歯ぎしりしている自覚症状がありますか? それとも、隣で寝ている彼氏や旦那さまか

記事を読む

スポンサーリンク


元モデル のりりん

夏は子供たちの目の病気が増える時期です。 お母さんたちも・・・・

暦では立秋が過ぎましたが、まだまだ夏真っ盛りですね。お盆シーズンに入り

お中元シーズン、真っ只中ですが、みなさんは贈る側?贈られる側?

以前はコーヒー派だったのですが、最近はもっぱら紅茶派になり、朝は必ず紅

最近、スーパーでよく見かけるようになりました、今が旬のトウモロコシ。

→もっと見る

PAGE TOP ↑