男子必見!おススメ日焼け止め!

公開日: : 最終更新日:2014/05/14 美容・健康

みなさんは紫外線予防していますか?

今は一年中、紫外線対策をしている人も少なくないそうですね。

春から夏にかけて陽射しが最も強くなる時期で、日焼け止めや日傘が手放せなくなります。

日焼け止めは女子だけだと思っていたら、昨今、男子も日焼け対策をしている人が増えてきているみたいですよぉ~

女子なら美白になりたいから、日焼け対策をしますが・・・男子の日焼け止めって必要なのかな?

まあ、最近は”オシャレ男子”という言葉も出てきているくらいなので、男子が日焼け止めをするのもありかもしれませんね(笑)

そもそも、日焼け止めの効果メリットってなに?

スポンサードリンク

たまーーーに、メガネのフレーム跡あとが白くなっている人を見かけると、ちょっとは日焼け止め塗ったらいいのに・・・っと思うことがあります;^^

でも、医学的にも男子も日焼け止めをした方がいいと言われているみたいです。

男性は毎日(?!)髭そりをしますが、実はその髭そりが肌を傷めているのです・・・

ヒゲを剃るときはヒゲばかりでなく、肌の表面0.02ミリの角質層を傷つけているのです(汗)

これは、何を意味してるのかと言うと、この角質層の表面で有害物質やウィルス細菌を弾く役目をしているのです。

(知らなかった・・・)

なので、太陽の光の有害な紫外線を傷んだ皮膚で受けているということです。

ということは・・・シミやソバカスの増やす原因になったり、最悪の場合は皮膚ガンになる要素を作る原因を作りやすくしているのです。

(恐いですね)

☆ポイント☆

・ヒゲ剃りの後の危険な皮膚状態!

・無防備な肌状態に慣れっこ状態!

気をつけましょう^^

じゃあ、どのような日焼け止めを使ったら効果があるのでしょうか?

コンビニやドラッグストアでやみくもに購入しても、日焼け止め効果が今ひとつだと肌のトラブルになってしまいます。

購入する際に選定の基礎知識を持っておくと、上手な日焼け止めとなります。

お店で日焼け止めを見ると、乳液タイプや クリームタイプやスプレータイプなどが陳列されていますね。

ここでタイプを見るのではなく、SPFとPAの表記を見ることが大事です

SPFとPAって?なんぞやと思いますので、お話しますね。

実はこの表記が効果的な日焼け止めの選定ポイントになります。

SPFは?

Sun Protection Factor の略語です。

強い紫外線 B 波( UVB )をカットする効果があります。

SPF20やSPF50などの数字の意味は?

この数字は日焼けするまでの時間が20分程度防御しますよという目安指数なのです。

例えば、SPF20であれば20分×20=400分ですので、6時間40分までは日焼けを抑えるという目安です。

PAは?

Protection Grade of UVA の略語です。

紫外線 A 波( UVA )の防止効果を表しています。

PAの効果指数は、+で表記されます。
効果レベルとしては、次の4段階に分けられます。

PA+(効果がある)2~4倍未満
PA++(効果がかなりある)4~8倍未満
PA+++(効果が非常にある)8~16倍未満
PA++++(効果が非常に高い)16倍以上

☆ポイント☆ 選定目安として

SPF10~20 日常生活程度
SPF15~30 軽いレジャースポーツ
SPF30~50 炎天下でのスポーツ
SPF50以上 非常に紫外線の強い場所

こんな感じになりますので、日焼け止めを購入する際の参考にして頂ければ幸いです。

<まとめ>

男子でもシミ・ソバカス対策は必要で、後の皮膚ガン予防にもなりますね。ただし、自分に合った日焼け止めを購入しないと、肌荒れや炎症を起こすこともあるので注意しましょう!

スポンサーリンク

関連記事

体がダルイ・・・慢性疲労の原因いろいろ

朝晩、だいぶ涼しくなってきてグッスリ寝れるようになったけど・・・なんだか体がダルクてスッキリしない・

記事を読む

止めよう!ヘアカラーの色が落ちてしまうNG行動

私は美容院でヘアカラーをやってもらっていますが、みなさんはどうですか? 私の友人でカラーリング

記事を読む

オイリー肌が危ない!肌が一気に老化してしまう!

暑さが増すにつれて、顔がオイリーになります。気付くと化粧がヨレヨレになっていませんか? 夏場の

記事を読む

子供の便秘解消ってどうすればいいの?

先日、友人が「子供が便秘で・・・なかなか出ないんだけど・・・」と言ったので、私も「子供でも便秘ってあ

記事を読む

知ってましたか?どくだみ茶の副作用と効能!

”どくだみ茶”って知ってますか? 昔から便秘に効果があると言われているお茶です。 その効

記事を読む

夏の肌トラブル!「汗あれ」を起こすNG行動

「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、最近は9月になっても連日、夏日が続くような気候ですね。 こ

記事を読む

体がダルイ・・・夏場の体を冷やすNGな食べ物!

まだまだ毎日、蒸し暑~い日が続いていますね。 外はクラクラするほど暑いのに、電車の中やオフィス

記事を読む

体重増加?!頭痛?!ロキソニンの副作用は?

みなさんは頭痛や生理痛がひどい時に鎮痛剤を飲みますか? 痛い時はとにかく早くこの痛みから解放さ

記事を読む

知っておこう!鎮痛剤の副作用とは?

みなさんは鎮痛剤を使用したことがありますか? 頭痛や生理痛、発熱や骨折・捻挫の痛みにも効果があ

記事を読む

パニック障害ってどんな症状なの?

みなさんは「パニック障害」という病気をご存じでしょうか? たまに医療関係のテレビでも紹介されて

記事を読む

スポンサーリンク


元モデル のりりん

夏は子供たちの目の病気が増える時期です。 お母さんたちも・・・・

暦では立秋が過ぎましたが、まだまだ夏真っ盛りですね。お盆シーズンに入り

お中元シーズン、真っ只中ですが、みなさんは贈る側?贈られる側?

以前はコーヒー派だったのですが、最近はもっぱら紅茶派になり、朝は必ず紅

最近、スーパーでよく見かけるようになりました、今が旬のトウモロコシ。

→もっと見る

PAGE TOP ↑