お酒好きな人も大丈夫!ダイエット中でも安心して飲めるお酒は?

公開日: : 最終更新日:2014/05/17 美容・健康

私はお酒が好きなので、ダイエット中はとても悩んでいます。

お酒のカロリーは”エンプティーカロリー(カロリーだけあって栄養がない)”と呼ばれ、飲み過ぎはカロリー過剰になるので要注意なんです。

でも、ダイエット中にお酒を飲む機会が多くなると、「どうしよう?せっかくダイエットしているのに・・・でも付き合いも・・・」っと悩みどころですね。

しかし、上手に付き合えば息抜きにもなって、ダイエットの効率も上がりますね^^お酒の席を賢く満喫するために、どんなお酒なら安心かお話したいと思います。

スポンサードリンク

<どんな種類が安心?>

お酒は製造工程により、大きく分けて3種類に分類されそれぞれカロリーが異なります。

そして、ダイエット中にお酒を飲むなら「蒸留酒」が安心です^^

【醸造酒】

米・麦などの穀物や果物を酵母によりアルコール発酵させてつくるお酒です。

代表的なお酒:ビール・ワイン・日本酒など

・ビール中ジョッキ(500ml) 200kcal

【蒸留酒】

醸造酒を加熱(蒸留)し、気体になったアルコールを集めて冷却したお酒です。
蒸留することで3種類の中で一番アルコール度数は高く、糖質とカロリーは低くなります。

代表的なお酒:焼酎・ウイスキー・ブランデー・ジン・ウォッカ・泡盛など

・焼酎(80cc) 117kcal
・ウイスキーシングル(30cc) 71kcal
・ハイボール (200ml) 118kcal

【混成酒】

醸造酒や蒸留酒をベースに果物など他の原料を加えてつくったお酒です。

代表的なお酒:梅酒・花梨酒・あんず酒・果物のリキュールなど

・梅酒ロック(90cc) 140kcal
・カシスオレンジ(200ml) 89kcal

お酒単品で見ると、一般的にカロリーの低いお酒は蒸留酒になりますが、糖分の多い甘いジュースなどで割ってしまうと高カロリーになるので気を付けましょう!
低カロリーに抑えたいなら、水やお湯・お茶などで割って飲むようにしましょう。

お酒は”百薬の長”といわれるように、気分転換やストレス発散だけでなく、善玉コレステロールを増やして免疫力を揚げる効果もあります。
合間にお茶などの水分をとりながら、ダイエット中でも楽しく飲みたいですね^^

スポンサーリンク

関連記事

甘いものが止まらない!プチ過食症女子急増中

女子は甘いものに目がない人が多いですね。 私もその一人です(笑) しかし・・・ そ

記事を読む

紅茶の効能いろいろ・・・ダイエット効果はあるの?

毎朝、コーヒーを飲んでいる私ですが・・・ 最近、ちょっと紅茶にハマっているのです。 どこ

記事を読む

危険です!安易に頭痛薬を飲み続けるリスクとは?

みなさんはよく頭痛になりますか? 頭痛は女性に多く見られる疾病です。生理前や雨の日に頭が痛くな

記事を読む

正しく磨いていますか?NGな歯磨き方いろいろ

6月4日は”虫歯予防デー”です! そして、6月4日~6月10日までは歯と口の健康週間なのです。

記事を読む

花粉症の薬 眠くなりにくい薬が続々登場!

2月はバレンタインでウキウキした気分になる人が多いと思いますが・・・ 実は・・・ 花粉症

記事を読む

赤ちゃんにも日焼け止めはいるの?

3月になると気温がだんだんと春めいてきますね。 日差しも同様に強くなってきます。 そこで

記事を読む

「子どもの目ヤニ」は病気のサイン?目ヤニの出る原因と見分け方

夏は子供たちの目の病気が増える時期です。 お母さんたちも・・・・子どもが朝起きたら“目ヤニ”で

記事を読む

危ない!身体が歪んでしまうNG生活習慣

私は腰痛と肩こりで定期的にカイロプラクティクに行って、身体のメンテナンスをしています。 もとも

記事を読む

あなたの臭いは大丈夫?体臭を制御する方法

春は新しい出会いが増える季節ですね! だからこそ、印象を良くするためにも体臭には気をつけたいも

記事を読む

チューイングシンドロームは万病の元!しっかり咀嚼して健康になろう!

生活習慣病の入り口とされるメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)はよく耳にしますよね。 で

記事を読む

スポンサーリンク


元モデル のりりん

夏は子供たちの目の病気が増える時期です。 お母さんたちも・・・・

暦では立秋が過ぎましたが、まだまだ夏真っ盛りですね。お盆シーズンに入り

お中元シーズン、真っ只中ですが、みなさんは贈る側?贈られる側?

以前はコーヒー派だったのですが、最近はもっぱら紅茶派になり、朝は必ず紅

最近、スーパーでよく見かけるようになりました、今が旬のトウモロコシ。

→もっと見る

PAGE TOP ↑