得する雑学ニュース

友達に教えたくなる雑学ブログ

ニュース

相次ぐ不祥事 大阪府管理職公募制度 見直しすべきか?

またしても、大阪府の公募制度で採用された、大阪府商工労働部長がセクハラで懲戒処分を受けましたね。

うーん・・・またですね。

どういうつもりなのでしょうか?残念というか情けないというか・・・

大阪府知事の肝煎りで始めた公募制度で始めて民間から採用された人だったのに、そもそもなぜ、このようなセクハラ部長が大阪府の要職に選ばれたのか?

大阪市でも公募人材の不祥事が相次いでいるだけに、今回の事件は公募制度の根本的な見直しをせざる得ない事態に発展するに違いないでしょう。

大阪府と大阪市は「民間感覚の導入」を掲げ、区長や校長などの管理職を公募によって採用することを全国の先頭に立って行っていたのに、ここにきて、公募人材による不祥事が相次いでいます。

民間の空気が入ることで、お役人ありき、お役所ありきの体質が代わって、良くなるだろうと、期待大だったのに、選び方に問題があったか?その人の社会の適合性に欠けていたのでしょうか?

公募制度って、これまでになかった新しい経験や発想を注入できるメリットがあるけど、営利を追及する一般社会と学校などは全く違うから、お互いのことを理解するまでに時間がかかると思います。

公募採用で何が問題だったかをまとめ、次に生かせられれば、民間からの公募が発展するでのはないでしょうか?







-ニュース

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

TOEIC大学入試に与える影響とは?

TOEIC(トーイック)という英語の試験を知っていますか? TOEICとはTest of English for International Communicationの略称で、英語によるコミュニケー …

こんな仕事があったの?!「代行サービス業務」いろいろ

この夏にネットや雑誌でちょっと話題になった、「宿題代行業務」 みなさんはご存じでしたか? 私は聞いてビックリしました。時代が変わったのだなぁ・・・ なんでも仕事にしてしまう時代なのですね?! その名の …

「いじめ」の判断どこまで?温度差の問題か?

ここ数年、小中高生の「いじめ」による自殺のニュースがよく報じられていますね。 私の持論は、いじめは決してやってはいけないとことだと思っています。我々の時代からいじめはありましたが、最近の悪質ないじめと …

事実婚カップルも体外受精が可能に・・・

昨今、日本でも不妊に悩むカップルは10組に1組もいる現状です。 最近では女性の社会進出で妊娠や出産を先延ばしにされる夫婦も多くなりました。ただ、女性の妊娠しやすさは加齢とともに下がってきます。 そして …

地球儀外交大丈夫?政府台所は火の車

民主党から自民党へ政権が替り、安部首相が誕生しました。 安部首相になってから「地球儀外交」というものを掲げて、例年をはるかに上回って海外出張をしているため、今年度の首相の外遊予算がすでに底をついている …