得する雑学ニュース

友達に教えたくなる雑学ブログ

季節・行事 雑学

結婚式を欠席する時ってご祝儀は必要?

結婚のお年頃になると、お友達の結婚式に招待されることが多々ありますね。

私も友達や職場の先輩や後輩の結婚式によく招待されました・・・

”ご祝儀貧乏”という言葉が本当に当たっていましたね(笑)

昔も今も結婚式の”ご祝儀”のこととなると、悩みの一つですよね?

いくら持っていけばいいのだろう?

というのがいつも一人で悶々と考えたりしていました。

 

特に予定が入っていて、最初から欠席の場合ってご祝儀っているのかな?

もしも、いるならいくらくらいが相場なのかな?っと・・・・

こういうパターンが一番、悩んだことあって、いろいろ調べてみました。

みなさんのお役に立てたらと思い、お話したいと思います。

 

スポンサードリンク

【結婚式を欠席する時もご祝儀は必要なの?】

招待されたものの、仕事や家庭の事情、あるいは急病等でやむなく欠席することはありがちなことです。

大まかに考えるなら、欠席の時はどちらでも良いそうです。

だたし・・・おめでたいことなので、祝ってあげるのが慶事の前提と考えるのが普通です。

なので、欠席の時でも”ご祝儀”を包むのがマナーといった時もあります。

一口にご祝儀の相場と言っても、時と場合で金額は変わります。

<招待状が来る前や招待状に欠席の返事をした場合

欠席した時の相場は出席した時のご祝儀の金額の2分の1~3分の1です。

友人なら30,000円が出席した時の相場ですね。となると、15,000円から20,000円が妥当となります。

端数の5,000円がキリが悪いので、現金で20,000円、あるいは現金10,000円と5,000円程度の品物を送るのが主流です。

ただし、気をつけて欲しいのが、自分の結婚式に出席してもらっていた場合です。

この時は自分が頂いたご祝儀と同額のご祝儀を包むのが一番スマートです。

えっ~?食事もしないし、引き出物も頂かないのに・・・・

まぁ、気持ちはわかりますが、こういったことをスマートにこなすことが交友関係をスムーズに行う大人の対応ですね!

<出席の返事をした後にどうしても都合がつかなくなった場合>

これもよくあるパターンですね。

期間が1ヶ月以上あるようでしたら、お料理や引き出物の変更なども可能なので、上記の事前に欠席の返事をした時と同じで大丈夫です。

問題なのは・・・

急病など直前になっての欠席です。式場によっても違いますが、 料理や引き出物をキャンセルする時は 直前であれば、あるほど高額なキャンセル料が発生します。

なので、新郎新婦に余計な負担をかけないためにも、出席した時と同等のご祝儀を包むことがスマートな対応です。

★まとめ★

お祝いごとに、ご祝儀はつきものです。これを基本にすれば、悩むことが少なくなりますよ^^

しかし・・・こんな場合の時も

  • ずっと疎遠だったのに、頭数をあわせるのに招待された?
  • 嫌いな人に招待されて、出席したくない!

なんて思う時もあると思います。

そんな時に、気持ちを切り替えるのが一番です!
昔から、苦手な人や嫌いな人に払う時ほど、さっぱり払うといい。と言われていますので、お金で祓えるならさっぱり払ったらいいですよ♪







-季節・行事, 雑学

執筆者:

関連記事

自動車免許を取ろう!早くて安い方法は?

高校生が卒業が近くなると、自動車免許が欲しいと思う人が多いですね。 卒業シーズンになると自動車学校には卒業したばかりの高校生たちがたくさんいる光景を見ます。 では自動車免許を取るにはどんな方法があるの …

日本製紙おむつ なぜ人気?

今、日本製の子供用紙おむつの生産が拡大しているのを知っていますか? 日本製と言うと、やはり「高機能」ということで、中国をはじめとして、アジア各地域で人気を得て、アジア需要が拡大しているのも要因の一つで …

梅雨時の”浴室のカビ”を防止する方法

梅雨です・・・ジメジメします・・・ 家の中にいてもなんだか湿っぽい感じでイヤですねぇ~ 特にこの時期に気になるのが”カビ”です。そのカビがよく発生する場所と言えば、”お風呂”です。 いくら退治しても次 …

どうしてシミはできるの?メラニンと紫外線の関係は?

今や女子にとっては一年中、日焼け対策が必要な時代になってきましたね?! 若者の間で流行した”ガングロ”ブームはどこへ行ったのでしょう?(笑) でも、どうして紫外線を浴びると”シミ”ができるのでしょう? …

カブトムシやクワガタの寿命ってどのくらい?

私の幼い頃は夏になると公園や神社で”カブトムシ”や”クワガタ”が捕れたものでした。 近所の神社に学校が始まる前の早朝や夜に懐中電灯を点けて、虫かごと網を持って捕りに行ったものです。 まさに夏の風物詩で …