得する雑学ニュース

友達に教えたくなる雑学ブログ

季節・行事 美容・健康

どうしてシミはできるの?メラニンと紫外線の関係は?

今や女子にとっては一年中、日焼け対策が必要な時代になってきましたね?!

若者の間で流行した”ガングロ”ブームはどこへ行ったのでしょう?(笑)

でも、どうして紫外線を浴びると”シミ”ができるのでしょう?

メラニンとやらがシミの原因で・・・って感じでくらいしか知らなかったので、この際なので、シミのなぞを調べてみることにしました!

 

スポンサードリンク

【どうしてシミはできるのか?】

そもそも、女子の敵であるシミはどうしてできるのか?というところからお話しましょう。

紫外線を浴びると、表皮のあちこちからメラニンを作るよう指令が出され、それによってメラノサイトからメラニンを作り肌が黒くなります。
シミはメラノサイトが適度なところでメラニンを作るのを止めずに、いつまでも作り続けてしまう現象のことを言います。

 

【メラニン色素ってなに?】

メラニンは皮膚が日光に当たることで生成される色素紫外線から細胞や皮膚を守る働きがあります。
また、メラニンの量で肌の色も決定されます。

 紫外線の怖さの理解とあいまって、 ”メラニン”という言葉がすっかり有名にになりました。 そして、メラニン=悪者という図式が定着しつつあるようですね。

もちろん美白にとってメラニン色素は厄介な存在ですが、メラニン色素はただ一方的に悪いだけのものではないのですよ!

もしも、”メラニン”が人間の体になかったら、あっという間に皮膚ガンになってしまうのです・・・・

 

【メラニン色素とシミの関係は?】

メラニン色素は皮膚の表皮基底層にあるメラニン形成細胞(メラノサイト)によって作られます。

メラニン色素が作られる大きな原因となるのが紫外線です。そして、シミの原因は紫外線によるものが最も多いと言われています。

日焼けすると正常な新陳代謝ができなくなり、メラニン色素が肌に残って皮膚に沈着してしまい、いわゆるシミの原因になると言われています。

正常な肌のサイクルが壊れてしまうと・・・

1.刺激をうけてメラニンが作られる

2. さらにメラニンが作られる

3.メラニンがうまく排出されない

4.シミができる

 

シミやそばかすの原因に紫外線があげられる理は?

シミの一番の原因に、紫外線があげられる理由は、シミやそばかすの原因になるメラニン紫外線に当たると沈着するからです。

また不規則な生活やストレスによって、新陳代謝が悪くなりますますメラニンの沈着は激しくなり、シミやそばかすになってしまうのです。

紫外線は細胞にダメージを与え、肌が正常に生まれ変わる機能低下させてしまうのです。
過剰にメラニンを作りつつ、押し出す力も弱めてしまう。

とっても怖いんですよ・・・(汗)

紫外線無味・無臭・無色です。

(確かに・・・そうです;^^)

陽射しの強い夏場は誰でも気をつけていますが、ぽかぽかと日向が気持ちいい秋や冬の季節になるとつい油断しがちです。

確かに夏に比べれば、紫外線の量も強さも弱いですが・・・実はここで差がつくのです。す。

シミは時限爆弾みたいなものです。”ある日突然”現れたように見えますが、本当はジワジワと蓄積された結果できるものです。

紫外線対策は季節を問わず、一年中欠かさないようにすることが必要です!







-季節・行事, 美容・健康

執筆者:

関連記事

その組合せ大丈夫?NGおつまみいろいろ

みなさんは毎日、晩酌をされますか? 私は日々の疲れを癒すために(?!)毎日、晩酌をしています(汗) もともと、少量のアルコールは血液循環をよくするので美肌にも良くさらにストレス解消や筋肉のコリをほぐす …

あなたは大丈夫?真夜中の爆音・・・歯ぎしりしていませんか?

みなさんは自分が歯ぎしりしている自覚症状がありますか? それとも、隣で寝ている彼氏や旦那さまから、「すごい歯ぎしりしていたぞ・・・」って言われてことがありますか? 私は朝、起きると奥歯が疲れていること …

知ってましたか?どくだみ茶の副作用と効能!

”どくだみ茶”って知ってますか? 昔から便秘に効果があると言われているお茶です。 その効能は多く、日本では昔から”十薬”という名で親しまれてきました。 名前の通りで十の薬効を持つと言う意味なのです。 …

体重増加?!頭痛?!ロキソニンの副作用は?

みなさんは頭痛や生理痛がひどい時に鎮痛剤を飲みますか? 痛い時はとにかく早くこの痛みから解放されたい一心だと思います。 頭痛や生理痛に素早く効くとして服用している人も多い”ロキソニン”があります。 服 …

熱中症対策に手作りスポーツドリンクを作ろう!

昨今、夏になると猛暑が続き、”熱中症対策”についていろいろ目にすることが多いですね。 また、曇っていても、温度や湿度は高いので熱中症になりやすいです。 暑い季節に体調を上手にコントロールするには栄養補 …