賢く使ってエアコンの電気代を節約しよう!

公開日: : 最終更新日:2014/06/22 季節・行事, 雑学

我が家では夏になるとエアコンを使用するので、一年で一番電気代が高くなります。

特にここ数年続いている猛暑でエアコン無しではいられない日が多いですよね?

なんとかして、夏場の電気代が安くならないものかと・・・考えているのですが・・・暑さには勝てない時もあります;^^

みなさんのお宅ではなにか対策を立てていますか?

我が家ではリビングとその横の和室にエアコンが設置していますが、2台フル活動してしまうと、とんでもな電気代がかさんでしまうので、リビングのエアコンをつけて、和室と境界のふすまを開けて和室も涼しくなるようにしています。

友人にから”扇風機”を併用するといいよ。と言われましたので、最近は扇風機で冷たい風を回すようにしています^^

問題は扇風機の置き場所なんですよね?!

どこの置いたら一番、涼しくなるのか??

あれこれ試してみましたが・・・

スポンサードリンク

一番、効果がなかったのが、和室のエアコンだけ付けて、そこに扇風機を置いてリビングに風を送ってみましたが、全然暑くて・・・ダメでした;^^

やはりリビングダイニングの方が広いので、和室だけエアコンを付けるのは暑いです(汗)

そこで、一番効果あったのでが、リビングとキッチンの境目を区切って、リビングに扇風機を置いて風を送る方法でした。

この方法は結構、涼しくなりましたよ^^

26度設定で十分涼しくなりました!

お家の作りにもよりますが、我が家はリビングとキッチンの鉄製の柱が両脇にあるのでこの鉄の柱の一番上両方に大き目の磁石数個でいらなくなったシーツを取り付ける方法でした。

ただし、この方法ですと、台所との行き来が凄く不便になったので、この間の距離170cmに合う突っ張り棒を買って来て、この突っ張り棒に右側から90cmくらい、左側から90cmくらいにいらないシーツを切り、天井から床までぶら下げました。

結局のところ、台所と繋がっていた為にエアコンの能力以上の広さの部屋を冷やさなければならなかったものが、エアコン本来の能力の6畳で区切れた事が良かったようです^^

おかげで電気代もちょっと安くなりご満悦になりました♪

みなさんもこれを参考にして頂いて、オリジナルのエコを楽しんでもいいかもしれませんね。

関連記事

お母さん必見!低学年の読書感想文におススメの本!

さあ、あと1カ月もすると小学生は待ちに待った”夏休み”です! お母さんたちにとっては、40日も

記事を読む

あなたはどれを選びますか?多機能炊飯器いろいろ

先日、我が家の”炊飯器”の調子が悪くなり、長年使ったからこれを機に買い替えよう!と決めて家電量販店に

記事を読む

山開きです!世界遺産の富士山に登るには?

夏休み真っ盛りですね! 海へ山へと行かれる人が多いかと思います^^ そして、山と言えば、

記事を読む

知ってましたか?そうめんと冷麦の違いは?

夏の定番の麺料理と言ったら、”そうめん”&”冷麦”ですね! 私も大好きです! 我が家はそ

記事を読む

あなたの布団は大丈夫?おすすめダニ駆除方法!

梅雨です・・・ジメジメとした日が続きます・・・ そんな時季は誰もが嫌う”ダニ”が発生しやすくな

記事を読む

今が旬!トウモロコシを美味しく茹でる方法

最近、スーパーでよく見かけるようになりました、今が旬のトウモロコシ。 夏を感じる食材の一つです

記事を読む

正しく使っていますか?コンプライアンスの意味は?

昨今、「コンプライアンス」という言葉をよく耳にしませんか? テレビや新聞などでもよく使われてい

記事を読む

捨てていませんか?紅茶ティーバッグの再利用

以前はコーヒー派だったのですが、最近はもっぱら紅茶派になり、朝は必ず紅茶を飲んでいます。 お手

記事を読む

知っておこう!エアコンを賢く使って節約しよう!

昨今、日本の気象状況がおかしいですよね。 春もようやく落ち着いたと思ってきたら、あっという間に

記事を読む

どっちが節約?エアコンのドライと冷房 気になる電気代

梅雨も本番に入るとムシムシ&ベタベタして不快な日々が毎日続きます。 そして、梅雨が明けて夏本番

記事を読む



元モデル のりりん

夏は子供たちの目の病気が増える時期です。 お母さんたちも・・・・

暦では立秋が過ぎましたが、まだまだ夏真っ盛りですね。お盆シーズンに入り

お中元シーズン、真っ只中ですが、みなさんは贈る側?贈られる側?

以前はコーヒー派だったのですが、最近はもっぱら紅茶派になり、朝は必ず紅

最近、スーパーでよく見かけるようになりました、今が旬のトウモロコシ。

→もっと見る

  • このままプレイできます。
PAGE TOP ↑