簡単!集中力をUPして仕事の効率をあげよう!

公開日: : その他, 美容・健康

みなさんは仕事の時など、どのようにして集中していますか?

今日はなかなか集中できないなぁ・・・なんて日がありませんか?

急いで仕事を片づけなければいけない時に限って、なんだか注意散漫・・・集中しなければ!って思うほど空回り・・・

私も最近、このようなことがありました(汗)

そこで、どうやったら集中力が高まるのか?を調べてみましたので、お話したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

【集中力を高める方法は?】

1.ツボを押す

胸の中央部分にある膻中(だんちゅう)というツボを押します。

このツボはリラックス効果を高め、集中力を高める効果のあるツボです。

<やり方>

1.息を吐きながらツボを押し

2.吸いながら放す

3.これらの動作を7~8回繰り返します。

 

2.ガムを噛む

ガムを噛むことで集中力が高まり、認知能力、記憶力が高まります。

ただし、糖度の高いガムを噛みすぎると虫歯の原因になりますので、キシリトールガムを使用するのがオススメです。

 

3.適度に休憩をとる

集中力の限界はある程度の個人差はありますが、30~40分と言われます。

そこで、30~40分ごとに10~15分ほど休憩を取るようにしましょう。

適度に休憩を挟むことで集中力を切らさずに仕事に取り組めます。

つまり、ダラダラやっていっこうに仕事の効率は上がらないってことですね。

 

4.仮眠をとる

休憩時間などに15分程度の仮眠を取ります。

アイマスクなどを利用するとさらに効果を高めることができます。

ただし、30分以上の仮眠は逆効果になってしまうので注意しましょう!

 

以上の4つですが、私やってみた中で一番効果があるのは、4)仮眠をとるのが効果がありました。

たった15分の仮眠ですが、頭がスッキリして午後からの仕事が集中してできました。

「たったの15分じゃ効果なんて無いんじゃないの?」って思うかもしれませんが、騙されたと思って一度やってみてください!!

ホントに頭がスッキリしますよ^^

 

【まとめ】

上述しました4つの他にも、目を閉じて片足立ちで1分間というのもありますが、私はバランス感覚が悪く・・・ダメでした(汗)

このように自分に合わない方法もありますので、自分にあった方法を取り入れるようにしましょうね♪

関連記事

知っておこう!和食の意外なマナーいろいろ

もうすぐ春ですね。社会人になる人もいると思います。 社会に出ると、会食やパーティー、お呼ばれの

記事を読む

ホントに?!夜中のご飯でも痩せられるコツ!

女子にとっては日々、ダイエットはテーマの一つですね。 (私もそうですが・・・;^^) し

記事を読む

世界初!プリン体ゼロ「極みZERO」なぜ売れる?

私は毎晩、晩酌にビールを飲みますが、最近は景気の影響と体のことを考えて、機能系新ジャンルのビールを飲

記事を読む

ハッピーになりましょう!幸せ脳になる食べ物は?

夏の猛暑からやっと涼しくなってきました。季節の変わり目は体調も不安定になりやすく、気分が落ち込み気味

記事を読む

知ってますか?口臭予防できる食べ物5つ!

みなさんは普段から口臭を気にしていますか? 私は体調を崩した時に母から「口が臭いかも?」と言わ

記事を読む

口内炎には即効性の市販薬!

疲れやストレスとが溜まると、誰でもできる口内炎。 一年に何回か口の中や舌に炎症を起こして、痛み

記事を読む

「美肌県」1位は何県? 京美人は・・・何位?

美肌は女性にとって永遠テーマです! 歳を重ねるほど気になるテーマですよね? そこで・・・

記事を読む

赤ちゃんにも日焼け止めはいるの?

3月になると気温がだんだんと春めいてきますね。 日差しも同様に強くなってきます。 そこで

記事を読む

初めてでもできる結婚式の余興ネタ!

暦の上では春ですねぇ~ 春になると結婚式シーズン到来ですね。 月に2回3回と招待される人

記事を読む

薬に頼っていませんか?日常習慣の工夫で便秘解消しましょう!

私はどちらかというと便秘気味なので、何日も便意がないときは薬に頼ることがあります。 生活環境の

記事を読む



元モデル のりりん

夏は子供たちの目の病気が増える時期です。 お母さんたちも・・・・

暦では立秋が過ぎましたが、まだまだ夏真っ盛りですね。お盆シーズンに入り

お中元シーズン、真っ只中ですが、みなさんは贈る側?贈られる側?

以前はコーヒー派だったのですが、最近はもっぱら紅茶派になり、朝は必ず紅

最近、スーパーでよく見かけるようになりました、今が旬のトウモロコシ。

→もっと見る

  • このままプレイできます。
PAGE TOP ↑