夏の肌トラブル!「汗あれ」を起こすNG行動

公開日: : 最終更新日:2014/08/23 美容・健康

「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、最近は9月になっても連日、夏日が続くような気候ですね。

これだけ暑いとちょっと動いただけでも、ジンワリと汗がにじんできますよね。

そのせいなのか?!先日、肌がヒドクあれてしまったので、皮膚科に行きました。

受診した結果、「汗あれ」ですね・・・っと言われました。

「汗あれ」って?”あせも”は聞いたことがありましたが、「汗あれ」は初めて聞いた言葉でした。

汗によるトラブルというと、”あせも”を思い浮かべる方が多いですよね。ただ、”あせも”とは別に、「汗あれ」というトラブルがこの暑さで最近、増えてきているそうです。

そこで、「汗あれ」についてお話したいと思います。

スポンサードリンク

 

【”汗あれ”と”あせも”は別物!?】

(1)あせも・・・かいた汗が、皮膚の下にある汗管の周りの組織に漏れ出し、水ぶくれができるなどの炎症を起こす症状のこと。

(2)汗あれ・・・あせものように汗管は詰まらず、汗をかいたあとに汗に含まれるアンモニアなどの成分が刺激となって、肌があれてしまう症状のこと。

両方ともかゆみを伴うトラブルなのですが、汗あれは赤みが強く出て、非常に目立つのが特徴です。それなら「汗をすぐに拭き取ればいいのでは?」と思うのですが、”汗あれ”は、ただ汗を拭き取るだけでは防ぐことができないのです・・・

 

【汗あれをしやすくなるNG行動】

1)汗拭きシートを使う
汗あれをしないためには、汗をすぐに拭き取ることがポイントです。しかし、市販の汗拭きシートには、香料や防腐剤が含まれているため、弱った肌には刺激になることもありますので気を付けましょう。すでに”汗あれ”の兆候がある方や肌が弱い方は、ハンカチや低刺激のウエットティッシュを使って汗を拭き取りましょう。

2)保湿をしない
ベタつくのが嫌だからといって、夏の間は体の保湿ケアをしない方もいますが、乾燥した肌はダメージを受けやすい状態になっているので要注意です。一年中、体の保湿をしてダメージに負けない肌作りをしましょう。

3)ボディソープをたっぷり使う
お風呂の時に洗浄力の強いボディソープをたっぷり使って体を洗っていると、肌の潤いを守る成分まで落としてしまいます。少し物足りないかもしれませんが、肌のためには無香料、無添加の石鹸を使うのがオススメです。

4)ゴシゴシ洗いをする
こちらもお風呂の時の注意点なのですが、スポンジを使って体をゴシゴシ洗うと、肌のバリア機能を低下させて、ダメージを受けやすい状態を作ってしまいます。石鹸をよく泡立てたら手に取ってなでるように優しく洗ってあげましょう。

5)熱い湯に浸かる
熱い湯に浸かると、肌が乾燥してかゆみを強く感じるようになります。夏の入浴は、約39度のぬるま湯にゆっくりと浸かるくらいがちょうど良いですよ。
肌のダメージもですが、ぬるま湯は体の疲れも取れますのでおススメです。

 

いかがでしょうか?心当たりのある方もいたのでは?

せっかくオシャレをしても、汗あれで肌が赤くなっていては、テンションが下がってしまいます・・・

まだまだ、暑さは続きます。”汗あれ”をしない肌作りを心がけて、オシャレやレジャーを楽しみましょう!

スポンサーリンク

関連記事

病気それとも栄養不足?親指の爪のへこみ!

普段、あまり気にしていなかったのですが・・・ ある日、自分の親指の爪を見てみると・・・

記事を読む

あなたは大丈夫?真夜中の爆音・・・歯ぎしりしていませんか?

みなさんは自分が歯ぎしりしている自覚症状がありますか? それとも、隣で寝ている彼氏や旦那さまか

記事を読む

上手な枕を選んで頭痛を解消しましょう!

最近、よく寝ているはずなのになんか寝不足・・・ってことありませんか? 朝、目が覚めるとなんだか

記事を読む

プチ残業は太りやすい?!残業時の間食に注意!

最近、ちょっと仕事が忙しくて残業をして帰宅が遅くなることが増えています。 残業をすると、どうし

記事を読む

夏でも保湿は大切!セラミドを使ってアトピー肌もうるおう!

女子には大敵のお肌の乾燥ですが・・・ 季節的にはそろそろ冬場の激しい乾燥から解放された感があり

記事を読む

日焼け対策していますか?顔を紫外線から守ろう!

昨今、日焼け対策は1年中やっているという人も少なくありません。 ちょっと前までは日光浴と言う言

記事を読む

オイリー肌が危ない!肌が一気に老化してしまう!

暑さが増すにつれて、顔がオイリーになります。気付くと化粧がヨレヨレになっていませんか? 夏場の

記事を読む

放置しちゃダメ!冷え症と血流の悪さでシミ・そばかす倍増!

紫外線が強くなってきましたね(汗) 私もそうですが、女子にとってはシミ・そばかすが気になってき

記事を読む

絶対やってはダメ!「ボッテリまぶた」になってしまうNG習慣

女子にとって、朝のメイクはその日一日が楽しく過ごせるか?ブルーになるか?の分かれ目の時です。

記事を読む

初心者でも簡単!ジョギングシューズの正しい選び方

実はもうすぐ人間ドックを受けるのですが・・・ 最近、身体がなんだか重くなったような気がして・・

記事を読む

スポンサーリンク


元モデル のりりん

夏は子供たちの目の病気が増える時期です。 お母さんたちも・・・・

暦では立秋が過ぎましたが、まだまだ夏真っ盛りですね。お盆シーズンに入り

お中元シーズン、真っ只中ですが、みなさんは贈る側?贈られる側?

以前はコーヒー派だったのですが、最近はもっぱら紅茶派になり、朝は必ず紅

最近、スーパーでよく見かけるようになりました、今が旬のトウモロコシ。

→もっと見る

PAGE TOP ↑