得する雑学ニュース

友達に教えたくなる雑学ブログ

美容・健康

体が老化してしまう!”クーラー病”の恐ろしさ・・・

これだけ暑い日が続くと、エアコンがついた部屋の中に一日いることも多いかと思います。

オフィスではスーツの男性に合わせた温度設定がなされ、家の中では暑くて寝れないから、朝までエアコンをつけている・・・という環境の中で”体の冷えを訴える女性は少なくありません。

頭痛や肩こり、だるさやむくみといった症状の他、室温が低いところと暑い屋外を行き来することで、体調に支障をきたしてしまう・・・という症状が一般的に“クーラー病”と呼ばれています。クーラー病は放置すると女性を内側からゴッソリ老化させる可能性があります。

そこで、クーラー病が与える女性への悪影響についてご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

クーラー病は体にこんな悪影響を与える

(1)自律神経のバランスが乱れる

自律神経のバランスが乱れるとストレス過多や睡眠の質の低下を招きます。体が冷えると体温を保つために交感神経が優位に働きます。交感神経は優位な状態が長時間続くと体が緊張状態になり、血行も悪くなってしまいます。

特に就寝時、寒いと感じる人は要注意です。本来、睡眠時は副交感神経が優位になり、リラックスした状態になるもの。それが体温を保つために交感神経が優位になることで、安眠できなくなるどころか、寝ている間にも体が緊張状態になり、朝起きると疲れていることも。。。

(2)体温調節機能の低下

人間は本来、暑いときは汗を出す、寒いときは体から熱が放出されないようにするなどして体温を一定に保つ働きがあります。それが一日中エアコンが効いた室内にいることで、体温調節機能が低下してしまい、うまく体温のコントロールができなくなってしまいます。

 

クーラー病の悪影響は女性をゴッソリ老けさせる

(1)シワやたるみ、シミができやすい“老け顔”になる

自律神経のバランスが乱れることでストレス過多になりがち。ストレスは活性酸素を発生させて肌細胞を攻撃しあらゆる肌トラブルを引き起こします。

(2)傷ついた肌細胞がなかなか修復されない

人は寝ている間に分泌される成長ホルモンによって、傷ついた細胞の修復や脂肪の代謝が行われるため、睡眠の質が落ちてホルモンの分泌量が低下するとそれらの活動が十分に行われなくなってしまいます。

(3)太りやすく痩せにくくなる

睡眠が不足すると成長ホルモンの分泌が抑制されることから、脂肪の代謝がスムーズに行われず痩せにくい状態に・・・また、食欲促進ホルモンのグレリンが増加しドカ食いに走りやすくなってしまいます。

(4)ホルモンバランスの乱れ

自律神経が乱れると、あらゆるホルモンバランスが乱れ、生理不順、不妊、イライラ、肌荒れなども招く可能性があります。

(5)常にダルい疲れやすくなる

体温が上手に調整できなくなることで慢性的なや体の不調を招きます。また、熱を上手く体外に放出できないと、熱中症にもかかりやすくなってしまいます。

 

”体の冷え”は女性にとって、悪いことばかりです。

エアコンが効いている部屋ではストールやカーディガンを羽織るようにして体を冷やさないようにしましょう。







-美容・健康

執筆者:

関連記事

米ぬかを食べて健康になろう!その驚くべき効能!

毎年、いろいろな健康ブームやダイエットブームが起きますね。 私もそうですがみなさんもいろいろ試したことがありませんか? その中でも米ぬかは今でも人気のある隠れた代表選手の一つです。 そして、健康と美容 …

甘いものが止まらない!プチ過食症女子急増中

女子は甘いものに目がない人が多いですね。 私もその一人です(笑) しかし・・・ その裏には危険が隠されているのです。 クッキーやチョコレート、アイスクリームなど甘いものが止められない! きちんと食べて …

女子力ダウン・・・髪や爪の乾燥はミネラル不足?!

最近、なんだか髪がパサパサして抜け毛が増えたような気がするような・・・ 夏から秋に季節が変わって、夏のダメージのせいなのだろうか? それとも、他の原因なのだろうか? これからもっと乾燥する季節になるし …

体がダルイ・・・夏場の体を冷やすNGな食べ物!

まだまだ毎日、蒸し暑~い日が続いていますね。 外はクラクラするほど暑いのに、電車の中やオフィス内は冷房が効きすぎて肌寒い・・・ このように夏場は激しい寒暖差で体温調整が難しい季節なのです。 冷房の効き …

秋バテかも?秋の不調を防ぐセルフメンテナンスいろいろ

酷暑が和らいで、少しずつ秋らしくなってきましたね。 でも、今年の夏に”夏バテ”に悩まされた人は気をつけてください。実は・・・”夏バテ”の不調が秋まで続いて深刻化する、新型の「秋バテ」が増加しているので …