得する雑学ニュース

友達に教えたくなる雑学ブログ

美容・健康

危ない!身体が歪んでしまうNG生活習慣

私は腰痛と肩こりで定期的にカイロプラクティクに行って、身体のメンテナンスをしています。

もともと、姿勢があまりよくないせいで身体が歪んでいるそうです・・・

みなさんの身体は歪んでいませんか?

実は身近な生活習慣のなかに身体を歪ませる原因が隠れているのです。

身体が歪むと美容や健康に大きな影響を与えます。身体のコリや頭痛、ニキビや強い生理痛、O脚やX脚、むくみなどなど・・・その他にもたくさんあります。

辛い症状を抱えて悩むことにならないように普段から歪まない生活を心がけたいものです。

そこで、身体が歪む生活習慣をお話したいと思います。

 

スポンサードリンク

 

1)キーボードの距離が遠い

パソコンを使うときにキーボードは身体からどのくらいの距離に置いていますか?30cm以上開いているなら要注意です。身体が前かがみになりやすく、知らずに肩や腕、腰にも負担がかかってしまいます。

パソコンを使うときはお腹とキーボードが15cmくらいの位置にあるのがベストです。仕事場の環境に少し意識してみるといいかもしれませんね。

 

2)ノートパソコンを使っている

身体のことを考えるとパソコンはデスクトップの方がいいです。理由は視線の位置にあります。ノートパソコンを使うとどうしてもモニター画面を上から覗き込むようになってしまいますよね。それが目や肩に負担をかけるのです。

ノートパソコンを使うときは下にダンボールや本などを置いてモニター画面の上の部分と目の高さが同じになるように工夫するとよいですよ。

 

3)ソファに座る

ソファに座ること自体が悪いと言っているのではありません。ですが、意識せずにソファに座ると身体が丸まりやすくなってしまいます。
家のリビングにソファを置いている人は意識的に背すじを伸ばして座るようにしましょう。

 

4)うつ伏せで本を読む

ベッドの中などで寝る前に本を読む習慣がある人も多いと思います。その時に注意したいのがうつ伏せの姿勢。背中を反らせることになるため身体に歪みが生じやすくなってしまうのです。横向きに寝る姿勢もあまりよくありません。
布団の中で本を読むなら、仰向けで本を目線の真っ直ぐ先に持ってくるようにしましょう

 

5)ヒールをよく履く

オシャレに欠かせないヒールですが、身体を歪める大きな原因の1つになってしまいます。特に5cm以上のヒールは脚や骨盤に負担が大きいです。
少し低めのヒールに変えたり、5cm以上のヒールは週3日以内と決めるなどして歪みをつくらない工夫をしてもいいかもしれませんね。

 

いかがでしたか?

みなさんの生活習慣の中に歪みを生むものはなかったでしょうか?

私も含めて、現代社会ではかなり意識していないと歪みのない生活は難しいと思います。日ごろの行いを振り返って直せる部分から少しずつでも修正しましょう。







-美容・健康

執筆者:

関連記事

突然やってくる花粉症 風邪との違いは?

ある日、突然に連続するクシャミや鼻水、そして頭痛・・・ こんな時期に風邪? えっ!もしかしたらこれって花粉症?! 今までなんてことなかった人が突然発症するケースが急増中だそうです! みなさんは大丈夫で …

子供用の日焼け止めどれが良いの?

みなさんは紫外線対策はされてますか? まだ春だからしなくてもいいと思っていると・・・ 大変なことになりますよ! 美肌の大敵である紫外線は4月になるとぐんと増えてくるのです! そして・・・ スポンサード …

大人だってかゆーい!”大人あせも”に効く食べ物とは?

夏の代表的な肌トラブルといえば、日焼けやニキビなどがありますよね。 夏は汗をかきやすいので、どうしても肌トラブルが起きやすくなってしまいがち・・・ また、地味だと思われがちな”あせも”も近年、大人に急 …

食べたい!!食べても太らないお菓子の食べ方のルール

女子は甘いものが好きな人が多いですよね。そして、甘いものを食べている時はなんだか幸せな気持ちになれますよね♪ 甘いものを食べると脳から”セロトニン”という心をリラックスさせる効果のある物質が出るそうで …

太ってしまうかも?!ダイエット中は避けたいフルーツいろいろ

食欲の秋になってきましたね! スーパーに行くと、美味しいそうな旬な野菜やフルーツがたくさん並んでいるのを見ると嬉しくなります^^ しかし・・・ ダイエット中の人にとってはフルーツはちょっと気を付けて食 …