試してみよう!食べ方次第で虫歯の予防ができます!

みなさんは虫歯はありますか?

歯が痛いけど・・・歯医者には行きたくないし・・・

っとほっておくのはダメですよ。虫歯から歯周病になり、その影響で身体全体に悪影響を及ぼすこともあるのです。

日ごろからの歯磨きも大切ですが、歯磨き以外にも簡単に虫歯予防の方法をご紹介したいと思います。

 

【虫歯の予防をできる簡単な方法】

(1)甘いおやつは“食事とセット”で

甘いおやつは食べると虫歯になりやすいイメージがあると思います。ただし、甘いものの食べるタイミングを変えることで虫歯が進行しにくくなる方法があります。それは、“食事とセットでおやつを食べる”こと。さらに、食後に水やお茶で口の中を洗い流すことで酸をつくらないようにしましょう。

(2)甘いものを長時間食べない

甘いものを長時間摂取することも虫歯をつくる要因となります。アメを毎日なめる、ジュースを毎日飲むといった食習慣は極力避けた方がよいそうです。最近はコンビニで、シュガーレスのアメやガムも売ってますし、無糖のお茶に切り替えることで虫歯の予防にもつながり、健康維持の観点でも望ましいといえます。

(3)よく噛んで食べる

よく噛んで食べることにも心がけましょう。よく噛むことで唾液の分泌量が増えます。唾液に含まれる成分には、再石灰化する働きがあり、初期の虫歯は唾液による再石灰化現象により自然に修復がなされるのです。

(4)“間食”を控える

間食を控えることも大事です。1日3食のほかに食べる回数が増えれば増えるほど、虫歯の進行を後押しすることになるのです。間食の増加は唾液の働きを間に合わせなくする。その結果、虫歯になる可能性が高くなると言えるのです。

いかでしたか?

普段の食生活を少し変えるだけで、虫歯予防ができるのです。是非、一度試してみてくださいね。

歯の健康は体全体の健康にもつながります。虫歯予防や歯周病予防が実は医療費を大きく抑制する役割をもたらしているのです。

間食をやめれば健康面やマネー面でメリットがあります。しかも高齢になってからも歯が残っていれば、医療費抑制にもつながります。

関連記事

突然やってくる花粉症 風邪との違いは?

ある日、突然に連続するクシャミや鼻水、そして頭痛・・・ こんな時期に風邪? えっ!もしか

記事を読む

頭痛に要注意!くも膜下出血の前兆かも?その症状と対処方法

”くも膜下出血”という病気をご存知でしょうか? 最近では小室哲也さんの奥様のKEIKOさんがこ

記事を読む

アミノ酸シャンプーとノンシリコンシャンプーの違いは?傷んだ髪はどっちがいいの?

最近、ドラッグストアに行くと、「アミノ酸シャンプー」や「ノンシリコンシャンプー」をよく目にします。

記事を読む

暴飲暴食していませんか?ガサガサ乾燥唇注意報!

冬から春にかけて季節の変わり目はお肌の調子が今一つ・・・という方が多いと思います。 中でも唇が

記事を読む

日陰も危険?!うっかり日焼けいろいろ

みなさんは日焼け対策はしているのでしょうか? ある日突然、鏡を見たら「あれ、こんなところにシミ

記事を読む

知ってましたか?花粉症はまつ毛も要注意!

いよいよ花粉のピークを迎えてきましたね! 花粉症の人にとっては早くこの時期が終わってくれないか

記事を読む

子供の便秘解消ってどうすればいいの?

先日、友人が「子供が便秘で・・・なかなか出ないんだけど・・・」と言ったので、私も「子供でも便秘ってあ

記事を読む

紫外線ダメージをよせつけない正しいビタミンCの摂り方

梅雨があければ本格的な夏の到来です!今年も猛暑の予報が出されています。この季節スキンケアで注意したい

記事を読む

ガムを噛んで美しくなろう!ガムの知らない効果

みなさんはよくガムを噛みますか? 私はニンニクなどを食べた時にはガムを噛むことがよくあります。

記事を読む

野菜を食べて五月病を防ごう!

4月から新生活が始まった方は1カ月が過ぎましたが、新生活には慣れたでしょうか? 新たな事が始ま

記事を読む



のりりん

私はANAのカードで飛行機に乗った時だけマイルを貯めていたんですが、

皆さんお元気ですか?久しぶりの投稿です。 突然ですが、今年、ハワ

夏は子供たちの目の病気が増える時期です。 お母さんたちも・・・・

暦では立秋が過ぎましたが、まだまだ夏真っ盛りですね。お盆シーズンに入り

お中元シーズン、真っ只中ですが、みなさんは贈る側?贈られる側?

→もっと見る

  • このままプレイできます。
PAGE TOP ↑