試してみよう!食べ方次第で虫歯の予防ができます!

公開日: : 美容・健康

みなさんは虫歯はありますか?

歯が痛いけど・・・歯医者には行きたくないし・・・

っとほっておくのはダメですよ。虫歯から歯周病になり、その影響で身体全体に悪影響を及ぼすこともあるのです。

日ごろからの歯磨きも大切ですが、歯磨き以外にも簡単に虫歯予防の方法をご紹介したいと思います。

 

【虫歯の予防をできる簡単な方法】

(1)甘いおやつは“食事とセット”で

甘いおやつは食べると虫歯になりやすいイメージがあると思います。ただし、甘いものの食べるタイミングを変えることで虫歯が進行しにくくなる方法があります。それは、“食事とセットでおやつを食べる”こと。さらに、食後に水やお茶で口の中を洗い流すことで酸をつくらないようにしましょう。

(2)甘いものを長時間食べない

甘いものを長時間摂取することも虫歯をつくる要因となります。アメを毎日なめる、ジュースを毎日飲むといった食習慣は極力避けた方がよいそうです。最近はコンビニで、シュガーレスのアメやガムも売ってますし、無糖のお茶に切り替えることで虫歯の予防にもつながり、健康維持の観点でも望ましいといえます。

(3)よく噛んで食べる

よく噛んで食べることにも心がけましょう。よく噛むことで唾液の分泌量が増えます。唾液に含まれる成分には、再石灰化する働きがあり、初期の虫歯は唾液による再石灰化現象により自然に修復がなされるのです。

(4)“間食”を控える

間食を控えることも大事です。1日3食のほかに食べる回数が増えれば増えるほど、虫歯の進行を後押しすることになるのです。間食の増加は唾液の働きを間に合わせなくする。その結果、虫歯になる可能性が高くなると言えるのです。

いかでしたか?

普段の食生活を少し変えるだけで、虫歯予防ができるのです。是非、一度試してみてくださいね。

歯の健康は体全体の健康にもつながります。虫歯予防や歯周病予防が実は医療費を大きく抑制する役割をもたらしているのです。

間食をやめれば健康面やマネー面でメリットがあります。しかも高齢になってからも歯が残っていれば、医療費抑制にもつながります。

スポンサーリンク

関連記事

上手な枕を選んで頭痛を解消しましょう!

最近、よく寝ているはずなのになんか寝不足・・・ってことありませんか? 朝、目が覚めるとなんだか

記事を読む

夏型過敏性肺炎とは?その症状と治療法・・・

先日、友人が体調不良で病院へ行ったら「夏型過敏性肺炎」だと診断されたとのことでした。 夏型過敏

記事を読む

知っておこう!夏バテ対策とその症状・・・

梅雨が明けると夏到来ですが、みなさんは”夏バテ”は大丈夫ですか? 私は若いころは夏バテはしなか

記事を読む

花粉症の薬 眠くなりにくい薬が続々登場!

2月はバレンタインでウキウキした気分になる人が多いと思いますが・・・ 実は・・・ 花粉症

記事を読む

肝臓がSOS信号!肝硬変の初期症状は?

先日、友人のご主人が”肝硬変”で入院したと連絡がきました。 そのご主人は日ごろからあまり健康管

記事を読む

サンダルも怖くない!女子必見!かかとの角質除去方法

夏はサンダルが必須ファッションアイテムですね! カラフルな色やデザイン、いろいろなサンダルが出

記事を読む

紅茶の驚くべき効能の秘密!

みなさんはリラックスしたい時にどんな飲み物を飲みますか? コーヒー?紅茶?・・・ 私も一

記事を読む

アルガンオイルでサラサラつやつや髪になろう!

季節の変わり目のせいなのか?髪がパサついてツヤがなくて・・・と感じていませんか? いろいろなシ

記事を読む

キレイになろう!夏こそデコルテケアの対策をしよう!

歳を重ねると首の横シワが気になりませんか? 顔を見ると若く見えるけど、目を下に降ろすと首の横シ

記事を読む

お酒好きな人も大丈夫!ダイエット中でも安心して飲めるお酒は?

私はお酒が好きなので、ダイエット中はとても悩んでいます。 お酒のカロリーは”エンプティーカロリ

記事を読む

スポンサーリンク


元モデル のりりん

夏は子供たちの目の病気が増える時期です。 お母さんたちも・・・・

暦では立秋が過ぎましたが、まだまだ夏真っ盛りですね。お盆シーズンに入り

お中元シーズン、真っ只中ですが、みなさんは贈る側?贈られる側?

以前はコーヒー派だったのですが、最近はもっぱら紅茶派になり、朝は必ず紅

最近、スーパーでよく見かけるようになりました、今が旬のトウモロコシ。

→もっと見る

PAGE TOP ↑