試してみよう!食べ方次第で虫歯の予防ができます!

公開日: : 美容・健康

みなさんは虫歯はありますか?

歯が痛いけど・・・歯医者には行きたくないし・・・

っとほっておくのはダメですよ。虫歯から歯周病になり、その影響で身体全体に悪影響を及ぼすこともあるのです。

日ごろからの歯磨きも大切ですが、歯磨き以外にも簡単に虫歯予防の方法をご紹介したいと思います。

 

【虫歯の予防をできる簡単な方法】

(1)甘いおやつは“食事とセット”で

甘いおやつは食べると虫歯になりやすいイメージがあると思います。ただし、甘いものの食べるタイミングを変えることで虫歯が進行しにくくなる方法があります。それは、“食事とセットでおやつを食べる”こと。さらに、食後に水やお茶で口の中を洗い流すことで酸をつくらないようにしましょう。

(2)甘いものを長時間食べない

甘いものを長時間摂取することも虫歯をつくる要因となります。アメを毎日なめる、ジュースを毎日飲むといった食習慣は極力避けた方がよいそうです。最近はコンビニで、シュガーレスのアメやガムも売ってますし、無糖のお茶に切り替えることで虫歯の予防にもつながり、健康維持の観点でも望ましいといえます。

(3)よく噛んで食べる

よく噛んで食べることにも心がけましょう。よく噛むことで唾液の分泌量が増えます。唾液に含まれる成分には、再石灰化する働きがあり、初期の虫歯は唾液による再石灰化現象により自然に修復がなされるのです。

(4)“間食”を控える

間食を控えることも大事です。1日3食のほかに食べる回数が増えれば増えるほど、虫歯の進行を後押しすることになるのです。間食の増加は唾液の働きを間に合わせなくする。その結果、虫歯になる可能性が高くなると言えるのです。

いかでしたか?

普段の食生活を少し変えるだけで、虫歯予防ができるのです。是非、一度試してみてくださいね。

歯の健康は体全体の健康にもつながります。虫歯予防や歯周病予防が実は医療費を大きく抑制する役割をもたらしているのです。

間食をやめれば健康面やマネー面でメリットがあります。しかも高齢になってからも歯が残っていれば、医療費抑制にもつながります。

スポンサーリンク

関連記事

知ってましたか?花粉症はまつ毛も要注意!

いよいよ花粉のピークを迎えてきましたね! 花粉症の人にとっては早くこの時期が終わってくれないか

記事を読む

初心者でも簡単!ジョギングシューズの正しい選び方

実はもうすぐ人間ドックを受けるのですが・・・ 最近、身体がなんだか重くなったような気がして・・

記事を読む

通勤しながら便秘解消しましょう!便秘に効果のある手のツボ

女性の悩みに必ず入ってくる”便秘” みなさんはどうですか? 私も悩みの一つです・・・

記事を読む

アミノ酸シャンプーとノンシリコンシャンプーの違いは?傷んだ髪はどっちがいいの?

最近、ドラッグストアに行くと、「アミノ酸シャンプー」や「ノンシリコンシャンプー」をよく目にします。

記事を読む

100円朝食! 大学のあの手この手

毎日、朝ごはんは食べていますか? 私はしっかり食べて仕事に臨んでいますよ。 しかし・・・

記事を読む

ダークチョコレートの健康効果って?

バレンタインが終わりましたね! 世の男性陣は義理?本命?のチョコをたくさんもらったことでしょう

記事を読む

夏の肌トラブル!「汗あれ」を起こすNG行動

「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますが、最近は9月になっても連日、夏日が続くような気候ですね。 こ

記事を読む

あなたの髪は大丈夫?ヘアーアイロンのNGな使い方

夏休みに叔母と姪っ子が我が家に遊びに来ました。 姪っ子はオシャレがしたい年頃なので、たくさん化

記事を読む

マー君夢が成就!ついにメジャーデビュー実現

どうやら、マー君こと田中将大投手(楽天イーグルス)のメジャー入りが決定的になったみたいですね。

記事を読む

太ってしまうかも?!ダイエット中は避けたいフルーツいろいろ

食欲の秋になってきましたね! スーパーに行くと、美味しいそうな旬な野菜やフルーツがたくさん並ん

記事を読む

スポンサーリンク


元モデル のりりん

夏は子供たちの目の病気が増える時期です。 お母さんたちも・・・・

暦では立秋が過ぎましたが、まだまだ夏真っ盛りですね。お盆シーズンに入り

お中元シーズン、真っ只中ですが、みなさんは贈る側?贈られる側?

以前はコーヒー派だったのですが、最近はもっぱら紅茶派になり、朝は必ず紅

最近、スーパーでよく見かけるようになりました、今が旬のトウモロコシ。

→もっと見る

PAGE TOP ↑