”はちみつ大根”を作って風邪に備えよう!

季節の変わり目はとかく風邪をひきやすいです。

(私もそうですが・・・)

みなさんは風邪をひいてノドが痛くなったり、咳が出始めたときはどのようなことをしますか?

まあ、薬を飲むのが一番、手っとり早いのですが・・・

私は祖母から教えてもらった、”大根あめ”という”はちみつ大根”を飲んで風邪のひき始めをしのいでいます。

はちみつ大根は昔から民間療法で、作り方もとても簡単です。また、自然のものだけで作っているので妊婦さんも安心して飲めるという体に優しい特効薬なのです。

はちみつ大根は大根をはちみつで漬けたものです。”大根あめ”とも呼ばれ、古くから風邪薬の代用品として親しまれていました。これだけの材料でどうして?と不思議になってしまうくらい喉の辛い痛みがスッと引きますよ。

 

【はちみつ大根の効能】

大根に含まれる酵素には消炎作用があり、それが喉の痛みや炎症に効くとされています。大根にはビタミンCも豊富に含まれているので、風邪にはピッタリの食材と言えますね。
また、はちみつにも抗菌作用があり、風邪の民間療法として昔から使われています。近年では咳止め薬よりはちみつの方が咳には効果的として、アメリカの大学が研究結果を発表するなど、その効能は臨床的にも裏付けられているそうです。

 

【はちみつ大根の作り方】

準備するものは大根とはちみつ、保存用の瓶やタッパーだけです。
大根は皮を剥いて5mm程の角切りにし、それを保存容器にいれてはちみつをたっぷりと絡め、蓋をして一晩寝かせれば完成です!!
大根から水分が出ているので、出来上がりはかなりサラリとします。このシロップを直接舐めてもいいですし、お湯で割って飲んでも効果的です。漬けた大根も食べられますよ。
水分が多いため、あまり保存は利きませんので、冷蔵庫に保存して2~3日で使いきるようにしてください。
簡単に作れるので、喉がイガイガするなっと感じたらあらかじめ作っておくとよいかもしれませんね。

 

辛い咳や喉の痛み・・・これから乾燥した冬には風邪をひきやすくなります。部屋の加湿やマスクをつけるなどすればある程度、解消されますが、それでも症状が改善されない時は、このはちみつ大根を試してみてくださいね。

関連記事

賞味期限に気をつけよう!特に気になる食品5つ

夏の暑い時は腐らしちゃいけないと食品管理に特に気をつけますが、秋になって涼しくなってくると、ちょっと

記事を読む

知ってますか?白髪の生える場所で原因が違う!

実は最近、白髪がチラッと気になるようになってきたのです・・・ みなさんはどうですか? 3

記事を読む

知ってますか?「ディスチミア親和型うつ病」

昨今、社会的にも問題になっている「うつ病」 生真面目で努力を惜しまない性格の人に多いと言われて

記事を読む

「美肌県」1位は何県? 京美人は・・・何位?

美肌は女性にとって永遠テーマです! 歳を重ねるほど気になるテーマですよね? そこで・・・

記事を読む

簡単!集中力をUPして仕事の効率をあげよう!

みなさんは仕事の時など、どのようにして集中していますか? 今日はなかなか集中できないなぁ・・・

記事を読む

ハッピーになりましょう!幸せ脳になる食べ物は?

夏の猛暑からやっと涼しくなってきました。季節の変わり目は体調も不安定になりやすく、気分が落ち込み気味

記事を読む

夏バテ防止!”長芋”と”大和芋”と”自然薯”の違いは?

夏は食欲がなく、いつも何を食べようかな?っと考えてしまいますよね? 脂っこいものはあまり食べた

記事を読む

大根おろしは冷凍保存で有効活用しよう!

いろいろな料理に使われている大根おろし。 魚料理や肉料理、お鍋に大活躍の大根おろしですね。

記事を読む

どれくらい大丈夫?野菜の正しい冷凍保存方法!

冷蔵庫を開けると、「あっ!野菜が傷んでいる・・・」といったことありませんか? 余った野菜や買い

記事を読む

試してみよう!夏バテ解消にはスパイスが効く!

9月に入り、朝晩はだいぶ過ごしやすくなってきましたね。 そんな時に起きやすいのが、”夏バテ”・

記事を読む



のりりん

私はANAのカードで飛行機に乗った時だけマイルを貯めていたんですが、

皆さんお元気ですか?久しぶりの投稿です。 突然ですが、今年、ハワ

夏は子供たちの目の病気が増える時期です。 お母さんたちも・・・・

暦では立秋が過ぎましたが、まだまだ夏真っ盛りですね。お盆シーズンに入り

お中元シーズン、真っ只中ですが、みなさんは贈る側?贈られる側?

→もっと見る

  • このままプレイできます。
PAGE TOP ↑