食べたい!!食べても太らないお菓子の食べ方のルール

公開日: : 美容・健康

女子は甘いものが好きな人が多いですよね。そして、甘いものを食べている時はなんだか幸せな気持ちになれますよね♪

甘いものを食べると脳から”セロトニン”という心をリラックスさせる効果のある物質が出るそうです。

しかし・・・気になるのはカロリーです;^^

ダイエットを始める時はまず、甘いものを辞めよう!っと誓いますよね。

でも、食べ方さえ工夫すればダイエット中でもお菓子を食べてもいいのです!そこで、普段から実践できる太らないお菓子の食べ方についてご紹介します。

 

【1.ゴールデンタイムを守ろう!】

同じ量のお菓子を食べても、”食べる時間”を選ぶことで太りにくい食べ方になるのです。そのカギをにぎっているのが、脂肪細胞に脂肪をため込む働きをする「BMAL1(ビーマルワン)」というタンパク質です。

このBMAL1は時間帯によって分泌量が変わるのがポイント。分泌が一番少なくなる時間が午後3時ごろ。逆に、分泌量が多くなる時間は午後10時~午前2時ごろです。そのため、お菓子を午後3時に食べれば、夜に食べるよりも脂肪になりにくいのです。
時間を選ぶだけで太りにくくなるとは、ちょっと得した気分になりますよね?!
【2.温かい飲み物と一緒に食べよう!】
お菓子は温かい飲み物と一緒に食べることで満足感が高まります。冷たい飲み物より温かい飲み物の方が、ゆっくりと時間をかけて飲むことができるのでおススメです。コーヒーや紅茶、ハーブティーなどと一緒にリラックスしながら味わってみるのをおススメします。
また、お菓子をひと口食べたら飲み物をひと口飲む、というように交互に食べると少量でも満足感を得ることができますよ。
【3.100kcal以内にしよう!】
間食は1日の摂取エネルギーの10%くらいが適正量なので、通常は200kcalくらいが目安です。でも、ダイエット中はやっぱり少し控えめにして、1日100kcal以内がベストです。
少し物足りないかもしれませんが、この範囲ならダイエットへの影響は心配しなくて食べることができます。
ダイエット中でも心配せずに食べられる、”脂質が少ない” ”食物繊維が多い”などの特徴があるお菓子を紹介します。
★100kcal前後のおすすめお菓子★
・寒天ゼリー(1個60kcal程度)
・こんにゃくゼリー(1個10kcal程度)
脂質少なめで食物繊維が豊富なお菓子★
・かのこ、きんつば、ようかん(1個130kcal程度)
和菓子は脂質が少なめなのでおススメです。あずきは食物繊維が豊富です!
★食物繊維が豊富なお菓子★
・高カカオ含有チョコレート(5粒100kcal程度)
同じチョコレートでもカカオの含有量が高いほうが食物繊維やポリフェノールが多いです。
甘みもあって栄養豊富なドライフルーツ類をお菓子代わりにしてもOK!!
・ドライイチジク:58kcal/20g(1個)
・ドライアプリコット:58kcal/20g(3個)
・プルーン:94kcal/40g(4個)
・甘栗:111kcal/50g(10個)
・干しいも:75kcal/25g(1枚)
いつ・どのように・どのようなものを選ぶかを意識することで太りにくいお菓子の食べ方になりますので、一度、試してみてくださいね。
スポンサーリンク

関連記事

飲むだけではもったいない!炭酸水を使ってキレイになろう!

暑くなると炭酸飲料が飲みたくなりますね。 先日、コンビニに行くと炭酸飲料水の種類の多さにビック

記事を読む

女子必見!ビタミンEを摂ってキレイになろう!

夏は美容女子にとって、厄介な季節ですね・・・ 汗はかくし、日には焼けるし・・・とケアするのも一

記事を読む

危険です!クレンジング後のNG行動いろいろ

女子のみなさんはクレンジング(洗顔)はいつのタイミングで行っていますか? 帰宅後すぐにメイクを

記事を読む

甘いものが止まらない!プチ過食症女子急増中

女子は甘いものに目がない人が多いですね。 私もその一人です(笑) しかし・・・ そ

記事を読む

女子必見!汗が臭くなるNGな食べ物BEST5

まだ梅雨入り前ですが、夏日の日が多くなってきましたね。 暑くなると気になるのが汗のニオイです・

記事を読む

女子必見!おブスな寝顔&いびきを封印する方法

気持ちのいい季節になりましたね。彼氏とお泊りデートを計画している人も少なくないのでは? そんな

記事を読む

知ってましたか?どくだみ茶の副作用と効能!

”どくだみ茶”って知ってますか? 昔から便秘に効果があると言われているお茶です。 その効

記事を読む

あなたの髪は大丈夫?ヘアーアイロンのNGな使い方

夏休みに叔母と姪っ子が我が家に遊びに来ました。 姪っ子はオシャレがしたい年頃なので、たくさん化

記事を読む

頭痛に要注意!くも膜下出血の前兆かも?その症状と対処方法

”くも膜下出血”という病気をご存知でしょうか? 最近では小室哲也さんの奥様のKEIKOさんがこ

記事を読む

病気それとも栄養不足?親指の爪のへこみ!

普段、あまり気にしていなかったのですが・・・ ある日、自分の親指の爪を見てみると・・・

記事を読む

スポンサーリンク


元モデル のりりん

夏は子供たちの目の病気が増える時期です。 お母さんたちも・・・・

暦では立秋が過ぎましたが、まだまだ夏真っ盛りですね。お盆シーズンに入り

お中元シーズン、真っ只中ですが、みなさんは贈る側?贈られる側?

以前はコーヒー派だったのですが、最近はもっぱら紅茶派になり、朝は必ず紅

最近、スーパーでよく見かけるようになりました、今が旬のトウモロコシ。

→もっと見る

PAGE TOP ↑