食中毒に気をつけて!梅雨時のお弁当つくりのポイント

公開日: : 雑学

 

ジメジメした季節になりました。。。

こんな時に気をつけたいのが、「食中毒」です。

湿度と気温が上がる梅雨時期はお弁当の持ち運びや保存がちょっと気になるところです。

最近はお弁当男子という言葉も流行るくらい、男女問わず手作りのお弁当を持参する人たちが増えてきました。

そこで、梅雨の時期のお弁当作りで気をつけたいポイントを紹介します。

 

「梅雨時期のお弁当作りのポイント!」

1)水分

水分は食材を痛める大きな原因の一つです。お弁当を作って詰めたらすぐに蓋をせず、粗熱が十分冷めるまで蓋を開けておきましょう。

ごはんやおかずが温かいまま蓋をしてしまうと蓋の内側に水滴がつき、食中毒の原因になってしまいます。

 

2)温度

食中毒の原因ともなる細菌は15度~40度で繁殖を始め、約35度で最も活発に繁殖します。

お弁当を十分冷まさずに蓋をした場合この温度に近くなります。通常35度で2~3時間放置しておくと食中毒の発生率が非常に高くなるので・・・

お弁当を十分に冷ましてから蓋をする

保冷剤をつけて持ち歩く

職場についたらすぐに冷蔵庫に入れる

これらのことが梅雨の時はとても重要になってきます。

 

「梅雨時期におススメの食材とは?」

1)殺菌作用の高い食材

これからの時期のお弁当には殺菌作用の高い梅干しやお酢を使ったおかずがおススメです。クエン酸や酢酸は殺菌作用だけでなく疲労回復効果も期待できるので一石二鳥!!

夏のお弁当には、南蛮漬け・酢の物・ピクルス・梅肉和えなどのおかずを是非取り入れてみましょう。ごはんはさっぱりとした酢飯にすると安心。ゴマや刻んだ青じそ、梅肉などを酢飯に和えるだけでも一気に夏らしいお弁当ができますよ。

2)フリージングおかず

保冷剤代わりに冷凍保存しておいたおかずやフルーツを入れるのもおススメです。
ツナ、コーン、パセリをマヨネーズで和えて冷凍したものや、塩ゆでして水気を切ってから冷凍した枝豆やブロッコリーなどは解凍せず冷凍のままお弁当に入れてもOK!

冷凍おかずを入れる際は水分が他のおかずに移らないようにラップで包んだり、ミニカップに入れるなど工夫をしましょう。

 

ヘルシーでお財布にも嬉しいお弁当作り。これからの時期は食中毒をしっかり防いで、美味しさを保ちながら手作りお弁当生活を安心して送りましょう。

スポンサーリンク

関連記事

どっちが節約?エアコンのドライと冷房 気になる電気代

梅雨も本番に入るとムシムシ&ベタベタして不快な日々が毎日続きます。 そして、梅雨が明けて夏本番

記事を読む

嫌われていませんか?NGな香水の付け方いろいろ

”スメハラ”という言葉を聞いたことがありませんか? ”スメハラ” = ”スメルハラスメント” 

記事を読む

知ってますか?吹奏楽とブラスバンドの違いは?

4月も後半に入って、学校生活もだいぶ落ち着いたことだと思います。 クラブ活動も決まって楽しい学

記事を読む

知ってましたか?頭痛をしないかき氷の食べ方!

最近は異常気象のせいで、5月でも真夏並みに気温がぐんぐん上がって、夏日になることも多々ありますよね。

記事を読む

スーツケースのTSAロックってなに?

今年の夏休みの計画はもう立てましたか? 国内?海外?いっぱい行きたいところがたくさんありますよ

記事を読む

お風呂にクエン酸?!クエン酸の恐るべき効果!

突然ですが、「クエン酸」ってご存知ですか? 私は夏になるとシソの葉とクエン酸でシソジュースを作

記事を読む

知っておこう!お肉の冷凍方法と解凍のコツ!

我が家では週末にスーパーに行って、いろいろな種類のお肉をまとめ買いをします。 特に週末は「お買

記事を読む

梅雨時の”浴室のカビ”を防止する方法

梅雨です・・・ジメジメします・・・ 家の中にいてもなんだか湿っぽい感じでイヤですねぇ~

記事を読む

結婚式を欠席する時ってご祝儀は必要?

結婚のお年頃になると、お友達の結婚式に招待されることが多々ありますね。 私も友達や職場の先輩や

記事を読む

”アサイン”ってどんな意味?どうやって使うの?

最近、”アサイン”という言葉を耳にすることがあるのですが・・・ ビジネスマンの方が携帯電話で「

記事を読む

スポンサーリンク


元モデル のりりん

夏は子供たちの目の病気が増える時期です。 お母さんたちも・・・・

暦では立秋が過ぎましたが、まだまだ夏真っ盛りですね。お盆シーズンに入り

お中元シーズン、真っ只中ですが、みなさんは贈る側?贈られる側?

以前はコーヒー派だったのですが、最近はもっぱら紅茶派になり、朝は必ず紅

最近、スーパーでよく見かけるようになりました、今が旬のトウモロコシ。

→もっと見る

PAGE TOP ↑