今が旬!トウモロコシを美味しく茹でる方法

最近、スーパーでよく見かけるようになりました、今が旬のトウモロコシ。

夏を感じる食材の一つですね。

焼いてもよし、茹でてもよしで最近では生でも食べれる品種のトウモロコシも出てきました。

トウモロコシの旬は夏から初秋です。6月~9月に収穫されます。収穫の時点からみるみると糖分がデンプン質に変化するので甘みが激減していきます。なので、取れたその瞬間が食べごろなのです。

生でも美味しいトウモロコシですが、やっぱり茹でた方が甘みが増して生とは比べ物にならない美味しさになります。

そこで、美味しいトウモロコシの茹で方を紹介します。

ポイントは皮付きのまま水から茹で、沸騰後3~5分グラグラと茹でることです。

この方法を用いて茹でると、実がプクッとふっくらとなったジューシーで甘~いトウモロコシが出来上がります。

 

それはなぜか・・・?

皮付きで茹でると旨味が逃げません。皮の中のヒゲ(絹糸)に色素があり、鮮やかな黄色を出してくれます。

そして、水から茹でることで実の膜が水をしっかり取り込むのでジューシーになるからです。

茹でる時の水に塩は入れません。茹で上がった後に皮をむしりとって塩水を表面にベチャベチャと塗りたくります。塩水を塗るととうもろこしの実がシワシワになりにくくなります。よく茹でたトウモロコシを放置しておくと実がシワシワになったのを見かけませんか?!

それに、塩を茹でる時の水に入れると、とうもろこしにある程度の塩味つけるのに大量に必要となります。塩水なら少量で済みますからね。

 

では簡単に工程を説明します。

1.トウモロコシの根元を切り落とします(できるだけ短くして鍋に入れやすくし   ます)

2.先の方の葉をむしり取ります(外側の方を3~4枚剥き取ります)

3.大きめの鍋にとうもろこしを入れ、かぶるくらいのたっぷりの水を入れます

(沸騰してから3~5分茹でます。時々、菜箸で回し均等に茹で上がるようにします。)

4.トウモロコシを茹でている間にボウルに塩水を作ります。

5.茹で上がったら、1~2分置いて荒熱を取ります(皮が冷めて剥きやすなります。皮を全部剥き取ります。ヒゲ(絹糸)も取ります。)

6.塩水をトウモロコシの表面にハケで塗ります

そして・・・

アツアツを食べてください!甘ーくてジューシーな実のトウモロコシを味合うことができます。   

関連記事

長旅もこれで大丈夫!車酔いを治すツボ!

まもなくお盆休みになりますね! 旅行や実家に帰省と・・・車移動が多くなる時季です。 ゴー

記事を読む

”手土産”と”お持たせ”知らないと恥ずかしい手土産マナー!

もうすぐお盆休みになりますね! 旦那様の実家へ帰省される人、彼氏の実家へ挨拶に行く人などなど・

記事を読む

お風呂にクエン酸?!クエン酸の恐るべき効果!

突然ですが、「クエン酸」ってご存知ですか? 私は夏になるとシソの葉とクエン酸でシソジュースを作

記事を読む

カブトムシやクワガタの寿命ってどのくらい?

私の幼い頃は夏になると公園や神社で”カブトムシ”や”クワガタ”が捕れたものでした。 近所の神社

記事を読む

知ってましたか?そうめんと冷麦の違いは?

夏の定番の麺料理と言ったら、”そうめん”&”冷麦”ですね! 私も大好きです! 我が家はそ

記事を読む

部屋干し洗濯物が臭くならない対処法は?

湿気でジトジトしている上に、シトシト雨続きのこの梅雨の季節・・・ 毎日の生活の中で困るのが”洗

記事を読む

痛い筋肉痛!早く治すためには?

最近、朝、ウォーキングを始めたのですが・・・ 久しぶりに運動を始めたせいで、筋肉痛で足が痛くて

記事を読む

正しく使っていますか?コンプライアンスの意味は?

昨今、「コンプライアンス」という言葉をよく耳にしませんか? テレビや新聞などでもよく使われてい

記事を読む

大人も使える”青春18きっぷ” お得なのはホント?

みなさんは”青春18きっぷ”をご存知ですか? 鉄道マニアなら知っていると思いますが、恥ずかしな

記事を読む

実は全然丁寧じゃない!”マナー違反な電話対応”

先日、社会人2年目の親戚の子が変な敬語を使っていました・・・ 明らかに間違っていたので、指摘を

記事を読む



のりりん

私はANAのカードで飛行機に乗った時だけマイルを貯めていたんですが、

皆さんお元気ですか?久しぶりの投稿です。 突然ですが、今年、ハワ

夏は子供たちの目の病気が増える時期です。 お母さんたちも・・・・

暦では立秋が過ぎましたが、まだまだ夏真っ盛りですね。お盆シーズンに入り

お中元シーズン、真っ只中ですが、みなさんは贈る側?贈られる側?

→もっと見る

  • このままプレイできます。
PAGE TOP ↑