事実婚カップルも体外受精が可能に・・・

昨今、日本でも不妊に悩むカップルは10組に1組もいる現状です。

最近では女性の社会進出で妊娠や出産を先延ばしにされる夫婦も多くなりました。ただ、女性の妊娠しやすさは加齢とともに下がってきます。

そして、不妊に悩むカップルに対して行うのが「不妊治療」です。

不妊治療にはホルモン剤や漢方薬などの薬物療法や人口授精などいろいろありますが、中でも体外受精が注目視されています。

体外受精は精子と卵子を採り出して体外で受精させて得られた受精卵(胚)を子宮に戻す方法で、体外受精で生まれた子供の数は年々、増加しています。

昔は試験管で受精させたということで、「試験管ベビー」と言われた時期もありました。

スポンサードリンク

この体外受精は「結婚した夫婦に限る」「子供を強く希望する夫婦」という規定だったのですが、事実婚カップルでも可能な方針を日本産婦人科学会が固めました。

なぜ事実婚カップルもよくなったのでしょうか?

家族形態の多様化や国民の意識の変化などを踏まえて、婚外子への遺産相続分を嫡出子と平等にする民法が改正され国会で成立し、体外受精の対象を区別する必要性がなくなったからです。

しかし、この体外受精は医療保険の適用外で1回につき30万~40万円かかりますので、国や自治体で公費助成を行っていますが、事実婚のカップルについては対象外です。

まだまだいろいろ問題があるような気がしますが・・・

しかし、将来的には助成が拡大され事実婚カップルにも公費助成が行われる日も遠くないかもしれませんね。

不妊で悩んでいらっしゃる方はたくさんいます。

そして不妊治療は精神的にも肉体的にもとても大変なことです。

今後の不妊治療について注目すべき点がたくさんあるような気がします。

関連記事

流行語大賞ってそもそもなに?

今年も気づいたらもう12月です。ほんの少し前まで猛暑で暑い暑いと連呼していた日々 だったのに、あっ

記事を読む

一年の締めくくり 決定!今年の漢字

今年も残りわずかになりました。早いですね。 歳のせいなのか?一年があっという間に終わってしまう

記事を読む

あなたの企業は大丈夫?もしかしたらブラック企業では?

最近、よく耳にする「ブラック企業」ってご存知ですか? 今年の流行語大賞にもノミネートされた言葉

記事を読む

気をつけよう!ハローワーク求人票に偽りあり?

アベノミクスと騒がれていますが、景気はなかなか上昇傾向にならないのが現実です。 そのような中で

記事を読む

相次ぐ不祥事 大阪府管理職公募制度 見直しすべきか?

またしても、大阪府の公募制度で採用された、大阪府商工労働部長がセクハラで懲戒処分を受けましたね。

記事を読む

NHKの受信料って払うもの?それとも払わなくてもいいの?

NHKの受信料は払わないといけないものなの? 常々、思う話題の一つです。 長期間に渡り滞納し

記事を読む

大学入試問題外注ブーム?!大学の責任は・・・

受験シーズンがピークの時期になりました。 入試問題にちょっと異変が起きています・・・ ど

記事を読む

ゆとり世代 抵抗あり?それとも抵抗なし?

「ゆとり世代」という言葉はどちらかというと、あまり良い感じでは使われていないような気がします。

記事を読む

子供は要注意!RSウィルス感染症

秋から冬にかけては感染症の病気が流行します。中でも子供は特に要注意です。 中でも乳幼児がかかる

記事を読む

冬の浴室は危険がいっぱい?!ヒートショック知っていますか?

ここ数年、日本は異常気象が続いていますね。 夏の猛暑日の連続記録や台風の発生数の多さ、そして急

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



のりりん

私はANAのカードで飛行機に乗った時だけマイルを貯めていたんですが、

皆さんお元気ですか?久しぶりの投稿です。 突然ですが、今年、ハワ

夏は子供たちの目の病気が増える時期です。 お母さんたちも・・・・

暦では立秋が過ぎましたが、まだまだ夏真っ盛りですね。お盆シーズンに入り

お中元シーズン、真っ只中ですが、みなさんは贈る側?贈られる側?

→もっと見る

  • このままプレイできます。
PAGE TOP ↑