得する雑学ニュース

友達に教えたくなる雑学ブログ

季節・行事

自動車免許を取ろう!早くて安い方法は?

高校生が卒業が近くなると、自動車免許が欲しいと思う人が多いですね。

卒業シーズンになると自動車学校には卒業したばかりの高校生たちがたくさんいる光景を見ます。

では自動車免許を取るにはどんな方法があるのか?

みなさん思うのは、期間が短くて費用が安いのが一番ですね!

それではどんな方法があるのか紹介します。

スポンサードリンク

まず、オーソドックスな方法は自動車教習所で取得する方法です。

住んでいる地域の自動車教習所に入校して免許を取得します。

バス送迎もあって便利ですよ。

それでは自動車免許の取得ができるまで、期間はどれくらいかかるのでしょうか?

一般的には、自動車教習所に通学して取得するまでの期間は約30日間です。

うーーん・・・

長いとみるか?短いとみるか?

それでは調べて見ると・・・

少しでも早く免許を取得するための方法がありました。

自動車教習所によっては、短期間コースを設けている教習所があるそうです。

通常は時間割に従って段階ごとに進んで行き、授業は曜日や時間で指定されています。

ということは、段階がショートカットされるのかな?

っと思いますよね?

残念ながら、短期間コースと言ってもやることは同じです。ただ、通常コースの方より優先して、待ち時間を短縮してくれるフアーストクラスに乗ってる感じのような?!

しかし・・・

時間に余裕も必要で費用も少し高めです。暇とお金があれば・・・OKですね。

そして・・・

短期間コースでも安泰ではないようです。

試験に何回か落ちて、期間オーバー!通常コースの方とほとんど変わらない方もいるそうです。

では、肝心の費用ですが・・・

通常の自動車教習所に通うと相場は約30万円かかります。

それじゃ、自動車教習所に通って費用が一番安くなる方法はないのかな?

それは・・

合宿免許がありますよ。

費用の相場は約20万円程度で、地域によっては15万から20万円もあるようです。

安いですね!

最短2週間程度で取得できて、値段も安く評判も良いようですよ。

しかし・・・

施設に寝泊りしながらなので、掃除や洗濯など身の回りの事は自分でしないといけない・・ですよね。
他人と一緒に寝食をともにすることも・・・

友達と一緒にならできそうですが、団体生活が苦手な方は精神的に辛いかも知れませんね。

また試験に落ちると追加料金が発生したり食費は別途になっているところもありますので要注意しましょう。

さらに調べていくと、こんなところもありました!

費用を考えなくて、プチ旅行気分を味わう合宿免許もあるようですよ。

宿泊はホテル(シングル、ツイン)を選べる、食事付、お風呂は温泉、スポーツクラブ施設などなど・・・多種多様なプラン選択ができるようです。

女性も安心なプチセレブな旅行気分を味わえますね。

こんな感じですが、いかかでしょうか?

みなさんの希望にあった自動車免許取得をしてみてもいいかもしれませんね。

オーソドックスも良し、合宿免許で短期決戦してもよし・・・

いろいろありますので、よく考えて選んでくださいね!

早くて安く合格できることを祈願しております。







-季節・行事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

敬老の日にちょっとリッチな日本酒を贈ろう!

8月もお盆が終わると、あっという間に9月ですよ! 9月は祝日が2つもありますね!!(嬉しい!!) その中の一つは”敬老の日”がありますが、みなさんは敬老の日に何をプレゼントをしていますか? (私はいつ …

作ってみませんか?”敬老の日”におススメの献立!

もうすぐ”敬老の日”ですね! ”敬老の日”は今まで社会に尽くしてきた老人を敬愛し、長寿を祝いながら若年者が高齢者の福祉に関心を深める・・・という目的で設置されたそうですよ。 (調べてみて初めて知りまし …

そうだ行こう!今年の夏は北海道に決まり!

今年の夏休みはどこか行く計画がありますか? 私はまだ未計画で・・・いろいろ願望はあるのですが・・・なかなか計画が立てられずにいる次第です;^^ 夏と言えば、海!沖縄!ハワイ!と思い浮かぶ人が多いと思い …

どうしてシミはできるの?メラニンと紫外線の関係は?

今や女子にとっては一年中、日焼け対策が必要な時代になってきましたね?! 若者の間で流行した”ガングロ”ブームはどこへ行ったのでしょう?(笑) でも、どうして紫外線を浴びると”シミ”ができるのでしょう? …

日本製紙おむつ なぜ人気?

今、日本製の子供用紙おむつの生産が拡大しているのを知っていますか? 日本製と言うと、やはり「高機能」ということで、中国をはじめとして、アジア各地域で人気を得て、アジア需要が拡大しているのも要因の一つで …