赤ちゃんにも日焼け止めはいるの?

公開日: : 最終更新日:2014/04/11 美容・健康

3月になると気温がだんだんと春めいてきますね。

日差しも同様に強くなってきます。

そこで・・・

油断していてはダメですよ!

3月の日差しって意外と強いので日焼けに気をつけないといけません。

大人は日傘や日焼け止めを塗れば日焼けを防ぐことができますが、さてさて、赤ちゃんは日焼け止めはいるのでしょうか

スポンサードリンク

あらためて・・・

赤ちゃんの日焼け対策ってどうするのかな?

って思いますよね?

日光に含まれる紫外線は体によくないことだらけです。

・皮膚の老化を早める

・シミやそばかすの原因

・皮膚がんの原因

(怖いですね)

となると

当然、赤ちゃんの頃から紫外線対策を考えるお母さんは多いはず。

でも、まだベビーカーに乗っている赤ちゃんだし・・・日焼け止めっているのかな?っと・・・

日焼け止めが必要なのかを疑問に感じていませんか?

ベビー用の日焼け止めがありますが、生まれたばかりの赤ちゃんの皮膚はまだ未熟で成長している最中です。

ベビー用でも刺激がある程度はありますの、1歳未満の赤ちゃんには使わないほうが良いですね。

日光に当たらないことが一番の日焼け対策になります。

帽子やポンチョ、ベビーカーのホロをつけたりするのがよいでしょう。

1歳を過ぎるとようやく皮膚の働きが整ってきますので、補助としてベビー用の日焼け止めを使っても大丈夫になります。

まずはパッチテストしながら使ってみるのをお勧めします!

 

では刺激の少ない日焼け止めって

よく見かける、「SPF」と「PA」が日焼け止めの強さを表す数字として使われます。

SPF30 PA+++ なんて書いてありますよね。

この数字や記号が少ない方が刺激が少ないそうです。(ただし、効果は低くなるそうです)

 

でも・・・

全く日光を浴びないのはどうなのかな?

っと思ったりもして・・・

ちょっと調べてみたら

これまでは、なるべく日に当たらないことを紹介してきましたが、日光に全く当たらないと赤ちゃんの成長を妨げてしまいます。

日光を浴びることで体の中でビタミンDが作られて、このビタミンDにはカルシウムの吸収を助けてくれる効果があるのです。

なるほど!

ということは・・・

カルシウムをたくさん摂っても、ビタミンDも一緒に摂らないと体に吸収されないのでなかなか骨が強くならないってことですね。

つまり・・・

カルシウム不足ということで骨粗鬆症の原因にもなるので、日光浴は適度にしなくちゃいけないですね。

いかがでしょうか?

赤ちゃんの肌への刺激もありますし、一歳未満の赤ちゃんには日焼け止めは必要ないかと思います。

直接、日差しが当たらなければ紫外線の影響は無いですからね!

そして

赤ちゃんの成長の為には日光浴も欠かせませんね!

「ビタミンD」ですよ

日光を防ぎすぎても、浴びすぎてもダメ・・・

ちょっと難しいかもしれませんが、かわいい赤ちゃんのためですよ。

スポンサーリンク

関連記事

なぜ痩せないの?ウォーキングしても痩せない本当の理由

暖かくなって薄着になってきました。 薄着になると、どーしても気になるのが冬の間に溜め込んだ脂肪

記事を読む

試してみよう!食べ方次第で虫歯の予防ができます!

みなさんは虫歯はありますか? 歯が痛いけど・・・歯医者には行きたくないし・・・ っとほっ

記事を読む

ダークチョコレートの健康効果って?

バレンタインが終わりましたね! 世の男性陣は義理?本命?のチョコをたくさんもらったことでしょう

記事を読む

一般人も歯が命?!

昨今、歯のホワイトニングや歯並びに関する関心が一般人にも広がってきました。 一昔前までは「芸能

記事を読む

花粉症の薬 眠くなりにくい薬が続々登場!

2月はバレンタインでウキウキした気分になる人が多いと思いますが・・・ 実は・・・ 花粉症

記事を読む

あなたの頭皮は大丈夫?臭い頭皮になってしまうNG行為

夏ですねぇ~ 連日、猛暑が続いていますが・・・ ちょっと外出しただけで、全身汗ビッショリ

記事を読む

お酒好きな人も大丈夫!ダイエット中でも安心して飲めるお酒は?

私はお酒が好きなので、ダイエット中はとても悩んでいます。 お酒のカロリーは”エンプティーカロリ

記事を読む

知ってましたか?花粉症はまつ毛も要注意!

いよいよ花粉のピークを迎えてきましたね! 花粉症の人にとっては早くこの時期が終わってくれないか

記事を読む

熱中症対策に手作りスポーツドリンクを作ろう!

昨今、夏になると猛暑が続き、”熱中症対策”についていろいろ目にすることが多いですね。 また、曇

記事を読む

頭痛に要注意!くも膜下出血の前兆かも?その症状と対処方法

”くも膜下出血”という病気をご存知でしょうか? 最近では小室哲也さんの奥様のKEIKOさんがこ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク


元モデル のりりん

夏は子供たちの目の病気が増える時期です。 お母さんたちも・・・・

暦では立秋が過ぎましたが、まだまだ夏真っ盛りですね。お盆シーズンに入り

お中元シーズン、真っ只中ですが、みなさんは贈る側?贈られる側?

以前はコーヒー派だったのですが、最近はもっぱら紅茶派になり、朝は必ず紅

最近、スーパーでよく見かけるようになりました、今が旬のトウモロコシ。

→もっと見る

PAGE TOP ↑