得する雑学ニュース

友達に教えたくなる雑学ブログ

美容・健康

「セカンドオピニオン」主治医に言えますか?

最近ではセカンドオピニオンという言葉が一般的になってきましたね。

医師から診断が下されたときや治療方針が提示されたとき、他の医師の意見を聞くセカンドオピニオンです。

大きな病気をした時や手術を迫られた時にはセカンドオピニオンを取りたいと申し出ることが普通になってきましたね。

ここ数年でセカンドオピニオンの意義や重要性が広く浸透ましたが、その一方では・・・

主治医に失礼とか心証を悪くするなどといった不安から、ためらう患者さんも多いのも事実です。

確かに、主治医に言いにくい場合もありますよね。

スポンサードリンク

でも自分の病気のことが気になるし・・・っと複雑な心境になるのは分かります。

とある記事には、今はセカンドオピニオンが普通になっているので、セカンドオピニオンを申し出ても気分を害する医者はあまりいない。と載ってました。

知人の医者に聞いてみても、「患者さんが医師に遠慮している気持ちがわかるし伝わってもくると。こちらは全く気にしていないし、セカンドオピニオンで万が一の見落としが防げるならその方がいい。」

(なるほど)

そう言っても・・・

一部の年配の医師や若くても一つの術式にばかり拘っているような、自分に自信があり過ぎる医師の中には機嫌を悪くする医師が存在することもあるそうです。

(やはり中にはいますよね)

でも、そこで尻込みしてはダメですよ。

セカンドオピニオンを申し出て嫌な顔をされたら、それは医師を代えるチャンスと考えてもよいのではないでしょうか。自分の考えだけを押し付ける医師とは信頼関係が築けないと思いますよ。

セカンドオピニオンは疑いではなく「信頼」を得る手段ではないでしょうか。

患者は医師に向かって高圧的な態度を取る必要はありませんが、医師に服従する必要もないと思います。

セカンドオピニオンは堂々と求めていいと思います。健康も命も医師のものではなく自分のものですからね。







-美容・健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

手遅れにならないで!白髪が増えるNG生活習慣

みなさんは白髪が気になる年齢ですか? 私は最近、チラっと数本、発見するようになりました・・・・ (ちょっと気になるお年頃になってきたのかな?) 年を重ねるごとに増えていく白髪は長年生きてきた証であって …

恐るべき生姜!メラメラ代謝でよいカラダになろう!

最近、日によっては夏日のような日が続くこともありますね。 冷え症の方はちょっとホッとする季節になったのでは? 女子にとって”冷え”は大敵ですからね! “冷え”は女子にとって一年 …

知っておこう!夏バテ対策とその症状・・・

梅雨が明けると夏到来ですが、みなさんは”夏バテ”は大丈夫ですか? 私は若いころは夏バテはしなかったのですが、年齢を重ねるごとに夏バテをしやすくなり、なかなか治りにくくなってきました(汗) あの夏バテの …

知ってますか?口臭予防できる食べ物5つ!

みなさんは普段から口臭を気にしていますか? 私は体調を崩した時に母から「口が臭いかも?」と言われることがたまにあります。 臭い食べ物を食べなくても、体調や体質によって口が臭くなることがありますね。 自 …

さよなら脂肪!ホットヨーグルトを食べてきれいなろう

日に日に暖かくなってきました! 寒い季節はコートやゆったりとしたニットの下に隠れていて、目の当たりにする機会が少ない”ぽっこりお腹” 私もそうですが、毎年、気温が上がり始める今ぐらいになってから、「ヤ …